今話題の『ペニオク』を実際に試してみた!本当に落札できるのか

秒刊SUNDAY / 2012年12月14日 23時3分

peni

もはやステマ+ペニオクは最強コラボとなってしまったペニオク問題。今後さらに消滅していくことを想定すると今のうちに楽しんでおく価値はあるのかもしれない。もちろん、釣りだと判っている前提での入札だ。従ってあまり真似はしてほしくない物だが、身をもって体験し本当に落札できるのかどうかを確認したいのだ。早速今あるペニオクで試してみた。

画像

基本的にどのサイトもログイン認証が必要となる為、ユーザ登録が必須となる。その為個人情報の入力をしなければならないが、一連の騒動があることを踏まえると不正に利用されるのではないかと不安になることは否めない。とはいえ登録しなければ進まないので、とりあえず登録。

登録が完了するとメールが届き、本登録となるのはどのシステムも同じようだ。
一説によるとペニオクのシステムはどれも同じで、同じシステムをパッケージ販売しているとの情報もある。しかもそれらはすべて「bot」だという事だ。


画像

ペニオクはリアルマネーではなく、通常コインと呼ばれるバーチャルなマネーを利用。コインは初期ログイン時に無料で貰えることが多い。そのためお金と言う感覚が薄れ気軽にポンポン押してしまうという問題も抱えている。さらに、時間ぎりぎりになると何故か別のユーザが必ず入札するというタイミングの良さは異常。

今回は、テレビなどの家電ではなく比較的に人気の薄い食品にターゲットを絞った。
そしてチキンラーメンを入札。すると残り時間が増加する。

そして時間がギリギリになると・・・





誰かが入札する。
必ず誰かが入札する。
冷静に考えてラーメン1袋に、虎視眈々と血眼になって眺めているのも時間の無駄ではないかと思える。

やはり落札できなかった。結局コインを使い果たし案の定この先はコインをリアルマネーで買うしかなくなった。はたして、落札が本当にできるサイトはありえるのだろうか。もはやすべてのペニオクサイトがすべてbotなのではないかと思えるほどだが、確たる証拠をつかむまで今後も調査をしたい。

ちなみに、未だにラーメンは落札されない。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング