子どもに絶対に着せてはいけない実は「卑猥」な英語Tシャツ 

秒刊SUNDAY / 2013年1月13日 17時51分

Kiss-the-Rim-e1357832370603

デザインがかっこいいから、なんとなくオシャレだから・・・そんな軽い気持ちで子どもにTシャツを着せていませんか?そのTシャツに書かれた意味を知るとゾッとすることがあります。それだったらまだパジャマを着せていたほうがマシと断言できるレベルだ。割と良くみかけるこのような英語Tシャツ。お母様方は意味を知らずに着せているケースが多いようだ。

画像

実際にあった話だが、自分の子どもが「creature」と書かれたトレーナーを着ていた事に違和感を覚えた。なぜならcreatureとは、化け物と言う意味だからだ。当然母親はそれを知らずに「クリエーター」か何かの親戚ぐらいの気持ちで着せていたようだが、クリエーターとクリーチャーはまるで違う。この子はやんちゃで手がつけられないのヨ!と言う軽いギャグとしてクリーチャーを着せているのであれば、まだいいが意味を知らずに着せてしまうのは非常に軽率だ。

もちろん上記の話は本の前ふりでしかない。本題はこちらの写真。
上に掲載されている拳を勢いよく振りかざした英語のTシャツ。いったいどのような意味があるのかをご存じだろうか。もちろんここで取り上げると言うからにはそれなりのメッセージ性が強いシャツであるからこそ取り上げるのだが、その内容はあまりに卑猥だ。答えをここに書くことすらおぞましいので記載しないが、もし興味があれば翻訳していただければすぐ答えは見つかるはず。

そしてもしおなじものを着せていたら、すぐに別のシャツに着せかえたくなるだろう。


画像

さてこちら。ちょっとカッコいい系の女の子のシャツだろうか、こちらも英語で何やら書かれているが意味を理解できるだろうか。KISS THEまではなんとなく理解できる。さて「RIM」がいったい何であるかによって明暗を分ける。実はRIMとは業界の隠語で「クレーター」と言う意味がある。体の一部でクレーターに似ている場所と言えば・・・

何とも恐ろしいことだ。


画像

こちらのTシャツも直訳すれば意味が判る。
ちょっと間抜けなシャツでもある。

さて皆様が着用しているシャツ。意味もわからず着ていることは無いだろうか。
外国人が意味もわからず漢字のTシャツを着ているのと同じぐらい恥ずかしいことになりかねないので今すぐ調べたほうがよさそうだ。

【記事参照】
http://walyou.com/not-for-kids-t-shirts

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング