中国で『新鮮な空気缶』の販売が開始される

秒刊SUNDAY / 2013年2月1日 12時0分

fresh_air_for_sale_in_china_640_01

中国で深刻な問題を引き起こしている大気汚染。景色が見えなくなるほどの汚染具合は、写真や映像で見ても明らかにその「深刻さ」が手に取るように分かる。従って中国では外出を控えるかマスクをつけることを呼びかけている。そん中、なんと新鮮な空気を販売する業者が現れ話題になっているようだ。空き缶の中に汚染されていない新鮮な空気がたっぷりと詰まっているようだ。

画像

画像

こちらが路上で販売されている、缶入りの新鮮な空気。デザインを見るとジュースかお茶かと勘違いしてしまいそうだが、しっかりと「新鮮空気」と記載されている為、この缶に液体が入っていないことがわかる。さて、気になる利用者はこの缶を開け、普段汚れた空気を吸っている体内に新鮮な空気を取り入れ、いくらか中和させるのだろうか。残念ながらこの缶の利用方法や、主な効能は全く不明。ただそこに新鮮な空気が売られているという事実が中国にあると言うのだから不思議だ。

それよりも不思議なのは、ネタとしか思えないこの空気の缶を本当に購入している人がいると言う事だ。それであれば、スポーツ時などに使われる酸素スプレーを利用したほうがまだ効果がありそうな気もするが、購入者がいると言う事はそれ以上に緊急性が高いという事なのだろう。


画像

使い方、というよりも飲み方はこのように普通のジュースのようにゴクゴクと飲むようだ。あまりに不思議なこの光景は今後中国では当たり前になっていくのかもしれない。

また1本だけでなく、2本3本購入していく人がおり、今後中国では「新鮮空気産業」が拡大していくのかもしれない。そういう意味ではビジネスチャンスなのかもしれないので、これはいけると踏んだ企業様は中国の方の為に『ニッポン』の新鮮な空気を販売してみてはいかがだろうか。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング