能面の髪型を『女子大生風』にすると可愛くないと話題に

秒刊SUNDAY / 2013年2月9日 10時13分

wef

日本古来から存在する伝統のお面『能面』ですが、現代のわれわれにとってイマイチあのお面の可愛らしさが伝わってこない。何故ってそれは時代が違えば「カワイイ」の定義が違うからであろう。ちなみにこのお面は「若い女」ということで、お歯黒もしていないことから未婚である。つまり本来ならば現代の男性からすればメインターゲットになりそうな格好の女性であるのだ。この女性をどのようにすればカワイクなるのかということで話題になっている。

画像

画像:Twitpic
http://twitpic.com/9mehv7

とりあえず現代風に、ということでヘアースタイルを女子大生風、そして現代風の化粧を施すことでより可愛らしい日本女性に・・・と目論んだようだが、確かに変わった。女性は化粧でここまでも変化するのかと目を疑うほど驚愕させられた。そう、女性って怖い。

だが、我々が求めていたのは「変化」ではなく「可愛らしさ」。
しかし何故可愛くならない。ヘアースタイルも完ぺき、化粧も完ぺきの『君かわいいね』のある意味王道の方程式に当てはめるだけ当てはめたはずだが、求めていた『解』とはまるで違う。

ある程度は現代風に近づいた。ところが、元の顔の骨格に問題があるのかそれとも何か別の次元で改良すべき点があるのかはわからないが、結果的に「可愛くない」のである。

問題があるとすれば、この表情に欠点があるのかもしれない。
実はこの能面、1つの面で喜怒哀楽の全ての感情を表現できるという実に汎用性の高い伝統の面である。つまり普通の人間では、表現することのできないある意味不気味さとカオスが存在する。その名残が消えず、化粧やヘアースタイルを変えても一切カワイクならないのではと推測される。

ネットではこの能面の脅威の女子力に驚愕の装いを見せている

―Twitterの反応
・こんな女の人、いるいるwww
・化粧凄い
・微妙w
・可愛いはつくれる
・右側私の友達と瓜二つねんけどー
・ぶすはぶすのままだな
・目の細い柳原加奈子って感じ
・努力で森三中の顔でも美少女になれるんだから化粧とは怖い物
・こういう顔の人居るよね
・否定できない現実
・画像にすげー!の言葉しか出なかった
・お見事だが、物事には限界もあるのだということ
・合わせてこれもww
・うちの能面の方が可愛い!


逆に何処までいじれば、カワイク仕上がるのかとことんやってみたいものだ。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング