どうぶつの森でも「RMT」が発覚!オークションに1億ベルなど出品

秒刊SUNDAY / 2013年3月3日 12時13分

wqfw

オンラインゲーム特にRPGにつきものであるリアルマネートレーディング通称(RMT)ですが、あまり縁もゆかりもなさそうな任天堂3DSの「とびだせどうぶつの森」でも行われていることが発覚いたしました。主に1億ベルなど巨額の通貨と、入手困難な家具やレアアイテムと言った商品があっという間に揃うと言う内容で、3,000円~5,000円の間で取引されている。

画像

ゲームの中のアイテムを現金で買うと言う行為は特段珍しいことではありませんが、度々物議を醸しております。特にオンラインゲームでは特殊なアイテムや武器をリアルマネーで購入すると言うのはもはやビジネスモデルとしても成立し数千万の利益を得ているユーザもいる。ただしこの行為が発覚した場合、利用規約違反として直ちにアカウントを削除されたり、場合によっては法的な措置が下る場合もあるので注意が必要だ。

そんな中、RMTにあまり縁のなさそうなユルゲーである「どうぶつの森」一部のファンの中では特殊な家具をコンプリートさせようと、ネットの掲示板を利用しアイテムを転売させ目的のアイテムをゲットすることに精を出している者もいる。

特に黄金家具は希少価値が高く、素材である「金鉱石」もなかなか採掘されない為コンプリートする為には時間を要す。そのためネットの掲示板では怪しげなな増殖プレイを行い通貨を荒稼ぎするユーザもいる。

さらにゲーム上だけの話ではなく、それを現金に換えようとネットのオークションなどでコンプリート品を販売するユーザもチラホラいるようだ。



コツコツプレイしてレア家具を取得するか、それとも現金で買うか迷うところだが
現金で一生分の通貨を手にして、更にレアアイテムもコンプリートさせてしまうと言う事はつまり
その時点でやることが無くなってしまう訳だから、果たして購入するメリットはあるのだろうか。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング