凄い臭いのする「お米で作ったカール 焼きたらこ風味」試食レビュー

秒刊SUNDAY / 2013年3月13日 12時0分

カール1

お菓子と言うよりも思わず「御飯の友」と言いたくもなるような斬新なデザインのカールが新発売その名も「お米で作ったカール 焼きたらこ風味」ということです。パッケージがもろに「ごはん」でありその横に添えられたたらこは、食欲をそそるものがある。と言う事でおにぎりを買う感覚でこちらのカールを購入してみた。驚くべき味であったのでさっそく紹介したい。

画像


さてこのカール。通常のカールと明らかに異なる性質を持っている。それは何を隠そう「臭い」。たらこだからタラコの香りがするのか?と思うのかもしれないがそうでは無く、何やら磯の香りが袋を開けた瞬間「ぶわーっ」とたちこめる。それが「たらこ」なのだと言われればタラコなのかもしれないし、たんなる生臭い臭いであると言えばそうなのかもしれない、ただ明らかにこの臭いは異常。

さて肝心の味のほうですが実はそれほど「たらこ」を感じることはできなかった。原材料を見てみるとたしかに「たらこパウダー」のようなものは練り込まれているようだが、それよりもお米のもちもちとした食感が強いカールであることは間違いない。もちろん生菓子ではないので、ねっとりとした感覚は無くあくまでスナック特有の「サクサク感」ではあるが、小麦ではなしえない「淡白さ」が後味に残る。

つまりこのカールの目論見としてはお米の淡白さと、タラコ?の強い香りを見事に融合させた新食感のお菓子を目指したチャレンジ精神旺盛な意気込みを感じる。ただしそれが「米」と「タラコ」という素材で良かったのかどうかは疑問だがはっきり言ってこれは賛否両論ではなかろうか。


画像

しかしこのカール。見れば見るほどあの生き物に見えてしょうがないので、実際に飼育している「彼」と並べてみたが何ら違和感が無かったことに驚いた。

ちょっと違った方向性のカールを食べてみたいと言う方には是非ともお勧めしたい逸品だ。

http://www.meiji.co.jp/sweets/snack/karl/

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング