五感を悩殺するパラパラチャーハン専門店「飛龍」に行ってきた。

秒刊SUNDAY / 2013年4月3日 12時0分

チャーハン2

静岡市にある炒飯にこだわった専門店「飛龍」に行ってきた。この店は具材の大きさ・量など研究を重ね基本10種類のメニューをご用意したとのこと。実はチャーハン以外にもラインナップはあるのだが、せっかくなので今回はその自慢のチャーハンを食べることにした。はたしてボリュームとパラパラ感はいかほどなものなのだろうか。早速見ていただきたい。


画像)(画像

こちらが店舗の外観である。場所は静岡市の駅から少し離れた場所にあり、さらに通り沿いではなく一歩路地に入った住宅街にあるのでなかなか発見しづらい。でありながら店内は満席ということで、人気店であることをうかがわせる。駐車場も用意されているが、台数もそれほどないので遠方から来る方は、駅からタクシーで行くなどしたほうがよいだろう。

ちなみに本日の日替わりは「四川麻婆豆腐」、日替わり半チャーハンは鮭と高菜のチャーハン。今までの経験上、半チャーハンはボリュームが少ないと感じることが多いため、普通の「飛龍チャーハン」と「海老鮭マヨ炒飯」を選ぶことにした。そして出てきたのがこちら。



画像)(画像

目測を誤った、ボリュームが半端なかった。確かにボリュームが多いとは聞いていたが予想以上に多い。一般的なお店で出てくるチャーハンの約2倍ほどある。つまりこの店では半チャーハンで一般的な店と同じボリュームではないかと思わる。店の情報によると「社会人の方の仕事や学生さんの部活などで腹ペコになった胃を満たしていただきたいという気持ちからです」とのこと。確かにチャーハンだけ頼んで物足りない感は店にとっても残念な気持ちになる。

肝心の味のほうだが、とびぬけて特色ある味ではないがチャーハンの王道といった味わい。つまりチャーハンはこの味だよ!と言わんばかりのデフォルト感は誰もがうなづける味だ。さらにパラパラ感も十分ありチャーハン好きにはたまらない食感。

特徴がそれほどないのは、やはりチャーハンにこだわりを持つチャーハン好きの客の舌を満足させるための計らいかと思う。

もちろん商品は通常のものだけではなく、ラー炒飯、玉子レタス炒飯、牛焼肉炒飯、海老バジル炒飯などもありちょっと挑戦したい方も満足できる品ぞろえになっている。

静岡市によることがあれば是非とも立ち寄りたい店の一つだ。

飛龍
http://www.feilong-jp.com/

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング