スマホのパノラマ機能に失敗し未知なる領域に達した写真集

秒刊SUNDAY / 2013年4月27日 12時0分

panoramic_photo_fail_20

スマホアプリに「パノラマ写真」(iPhone5はデフォルトで装備)というものがあり、通常よりも広い範囲で撮影することができる素晴らしい機能だ。ところがこの機能を上手に撮影することは意外に難しく、手振れなどによりとんでもない写真になってしまい諦めた方も多いのではなかろうか。今回はそんなパノラマの失敗で未知なる領域に達した画像を紹介したい。



画像

こちらはワンちゃんを撮影しようと試みたようだ。パノラマ写真は静止画像に適しているため残念ながら犬は特に動き回るので適さない。そのためこのような不思議な生物になってしまったようだ。おそらくジャンプしながら駆け回っている状態ではあると思われるが、なぜこれをパノラマで撮影しようと思ったのかは謎だ。


画像

犬が動けば猫も動く。周囲の背景が割としっかり固定されているだけにこの猫の不思議な体型は、何か不気味な生命体となってしまっている。猫バスと言えば猫バスだが、幅のわりに細身なので気持ちが悪い事この上ない写真だ。


画像

せめて人間ぐらいは落ち着いて写真を取られて欲しかったが、こちらの男性が動きまわったおかげでSF映画と匹敵するような特殊メイクバリの顔に。ある意味ショッキング映像となる恐れもあるが、安心して良い、もちろんこれは何の変哲もない男性の写真である。


画像

一瞬普通のコーギーに見えなくもないが妙に胴体が長い。言われるまで気づかないほど馴染んでいるが、こちらもパノラマ失敗作。失敗作が逆におもしろ写真となり、これだけで作品となりうるきわどい写真ではある。

ある意味、コーギーは短足で胴も短いからこそ可愛く見えるのだと改めて感じさせられる写真だ。

さてその他の写真は以下リンクから御覧ください。
多少きわどい写真もあるが、不慮の事故を撮影したものではなく、不慮の事故でパノラマ写真が失敗したものだ。安心していただきたい。

http://bit.ly/181IZcN

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング