日銀の子供コンテンツ『核心を突きすぎてヤバい』と話題に

秒刊SUNDAY / 2013年4月27日 1時26分

kids

日本銀行の子供向けコンテンツ「にちぎんキッズ」が話題となっている。このサイトはお金のしくみや、意義などをわかりやすく子供向けに発信するサイトで、子どもでも簡単に飲み込むことができるように絵や音などで表現した知育サイト。さてこのページのどこが凄いのか早速見ていただきたい。もしかしたら大人でも納得行くのかもしれない。

にちぎんキッズ
http://bit.ly/14kzUw8

にちぎんキッズは子どもに「お金とは何か」をわかりやすくまとめたインタラクティブコンテンツとなっている。ところが、その内容があまりに核心をつきすぎて、「そんなことまで教えなくていい」というレベルにまで達している。言ってしまえば「お金さえあればなんでも手に入る」と言わんばかりの強烈な訴求内容。

たしかにそうだが、子供向けにしては刺激が強くもう少しオブラートに包んだほうが良いのではないかという意見もあり、教育サイトとしての意義が問われそうだ。

ちなみにお金とは具体的に以下のような機能がある。
これらはトラブルを解決するための素晴らしい機能なのだという。

1.ものを交換する機能
2.もの価値を測る機能
3.ものの価値をためておく機能

言われてみればたしかにそうなのかもしれない。

ーTwitterの反応
・日銀まじか!www
・なんかリアルだわ
・すげー
・言っていることが逮捕前のホリえもんと何も変わらない件
・子供の教育に悪い。
・過去20年の日本の問題の半分くらいは、これで説明がつきそうです
・泣きたい
・こうやってだんだん子供にも現実がわかってくるのでしょう
・身も蓋もない
・ひどい
・これが現実
・正直すぎw
・そしてトラブルの元でもある
・世知辛い


例えお金で愛が買えるとしてもその愛は本物なのだろうか。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング