やっぱり男は年収!?女性が結婚へ二の足を踏む理由

秒刊SUNDAY / 2013年5月3日 17時16分

nen01

男女の仲が進展すると、自ずと意識し始める“結婚”の二文字。ところが、互いにそういう気持ちではいるのに何故か最終決断へ踏み切れない。男性はもうすっかりその気なのに、彼女がいつまでも煮え切らない返事をしてくる。なんてことはよく聞きます。そんな、“結婚”への二の足をふむ理由の一つとして言われるのが「男性の年収」。男性側の年収が女性と大差なかったり、低かったり、それを打破しようとする気概が男性に見られなかったりというのは女性にとってはかなりマイナスポイント。



そんな女性が二の足を踏んでしまう年収について、読売新聞社が運営しているニュースサイト内にある掲示板“発言小町”では様々な相談が寄せられています。

年収300万の彼との結婚』トピックには、同棲している彼の年収が300万であること。付き合い始めに主夫になりたいといっていたこと、彼の中に彼女が養い彼が子育てをするという理想があることなどが書かれています。

彼女は、そのために結婚前に転職をも考えているとのことでしたが、寄せられたアドバイスに答えていく中で「彼氏は貯金0」ということも明らかに。これでは、彼女でなくとも不安でたまらないと思うのですが。

結局、該当トピはトピ主からの返信は2本のみで放置となってしまっています。

年収の低い彼との結婚』というトピックでは、彼氏が40代後半で年収300万しかないことに不安を覚えているといったもの。

彼女も正社員として働いているものの、年収が多い方ではないので結婚したその先を考えると不安になるということでしたが、結果として、彼に気持ちをぶつけたところ彼氏も結婚を視野にいれて転職を考えていたということでした。

こちらは数年前のトピックですが、その後、二人が幸せな家庭を築くことができたのでしょうか?

こちらは、20代の彼氏を持つ30代の彼女からの投稿。

彼の年収では結婚できない』と題してたてられたこちらのトピックですが、そもそも彼女は500万ほどの年収と2,000万ほどの貯金があり、結婚の条件として希望する世帯年収は900~1000万円なのだそう。

そのため、年収350万で貯金が50万しかなく、互いに趣味にお金がかかる二人ではやっていけないと考えたようです。ただ、彼がまだ20代ということを考えれば、確かに高いとは言えないまでも低いと非難される年収でも無いと思うのですが。

こちらは結局、本音をぶつけて話し合ったところ、今後へ向けてもう少し話し合うことにしたということでした。

いずれも、男性側の年収が低いという理由だけでなく互いの話し合いが不足していると感じるケースばかりです。

もし、皆さんが“結婚”を考えている彼女がいるとして、「最近様子がおかしい」と感じるような素振りがあれば、まずはじっくり話しあって見ることをおすすめします。

将来を考えるとき、確かにお金は大事ですが、それよりも互いにちゃんと話し合いができることのほうがもっと大事なのですから。


(ライター:Yohko Kitashima) 
面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング