ココイチの神対応『ル―お代わり自由』は本当か?実際にやってみた

秒刊SUNDAY / 2013年5月5日 12時0分

ココイチ1

カレーチェーン店「カレーハウスCoCo壱番屋」において、頼んだカレーのルーの消費が激しく御飯だけ余って困ったことはないだろうか。実はカレーのルーは「お代わり自由」が無料で可能であるとネットでは噂されている。つまり御飯だけ余ってしまった際、ルーを頼めば無料で増量してもらえるというサービスがあるというのだ。これがもし本当であれば御飯だけ余ると言うピンチを防ぐことが可能だ。と言う事で実際確認してみた。


ライスの量は300g。この量に対し、カレーのルーが少ないという方は多いはず。その際、御飯のボリュームを落とし、ちょうどよいサイズにする(200g)と言う手もあるが、ボリュームが減ってしまうのは勘弁したい。ということでその上の(400g)のサイズをオーダーすることも視野に入れるが、そうすると値段が100円プラスされてしまう。

とはいえ、どうしてもトッピングや御飯が余ってしまうという問題は回避したい。
そんなとき使えるのがカレーのルーのお代わりだ。

しかし公式サイトを見ても何処にも書いておらず、店内にも「カレーのルーお代わり自由です」と言う記載はどこにもない。その為頼むには少し躊躇するし、頼んだ際に店員があわてだして「ちょ・・・少々おまちください・・・ゴソゴソ・・・」と店内会議を開かれるのもつらい。


―お代わりを頼んでみた

せっかく実証しに来たので頼まざるを得ない。そこで、勇気を振り絞り店員に「カレーのルーお代わりできますか?」と確認したところ、非常ににこやかに「ハイできますよお待ちください!」と元気に答えられた。
非常にうれしい。



待つこと数分、ル―が復活した状態で出てきた。当たり前だがトッピングや御飯はそのまま。
ということで、ルーお代わり自由についてはあまりの認知度の低さに頼むには億劫にはなるが、それを乗り越えれば、ルーを復活させることが出来る。

しかも、ルー増量を頼んで「ルーをかけるだけ」かとおもいきや、しっかり調理場でルーを温め直した激熱状態で出てくると言う気前の良さに感銘を受けた。

公式サイトや店内には記載が無いが、吉野家のような裏メニュ―として存在する「ルーお代わり自由」。しかも無料と言う事で是非お勧めしたい。

ちなみにお代わり制度には以下の制約があるのでご注意を

・お代わり1回まで。
・御飯のお代わりは不可。
・店員が知らない場合もある。
・ハーフサイズでのお代わりは不可。
・最初からルー多めも可能だが、その際はお代わりは不可。


面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング