大手ファーストフード店の氷が『便所の水』より汚いことが判明

秒刊SUNDAY / 2013年6月4日 11時47分

トイレ

英国で人気のあるファーストフード店10店舗のうち6店舗の氷がトイレの水よりも多くの細菌が発見されたとデイリーメールの調査で判明した。6つの店舗とはマクドナルド、バーガーキング、ケンタッキーフライドチキン(KFC)、スターバックス、ナンドス、カフェルージュなど。それぞれ製氷機の氷とトイレの水を採取し細菌の数を検査し得られた結果だという。専門家によると製氷機はトイレほど綺麗にしていないからだろうと推測している。


このテストではレストランのトイレの水と製氷機の氷をそれぞれ採取し、どちらが細菌が多いかを22℃の状態、37℃の状態それぞれで検証した。検査は環境衛生開業医に委託し検査され、その結果10のレストランのうち6つがトイレの水より汚染されている状態であることが判明した。

専門家によると、マクドナルド、KFC、とナンドについては「製氷機」の衛生状態が極めて悪い可能性があると推測。バーガーキングについてはサンプリングした際にスタッフの手が汚れていたのではないかと示唆されている。

研究室のガイドラインによると22℃の環境下での1ml当たりの雑菌は1,000程度が目安だ。
しかし、ナンドは2,100、マクドナルドは1,400、KFCは 1,100という驚きの結果が出た。
37℃の環境下では100程度が目安だが、バーガーキングは260という数値をはじき出した。

―結果
トイレより製氷機の氷のほうが雑菌が多かったレストラン
・マクドナルド
・バーガーキング
・KFC
・スターバックス
・ナンドス
・カフェルージュ


上記以外
・ピザハット
・グルメバーガーキッチン
・ワガママ

(※あくまでデイリーメールの調査によるものです。)

健康保護局の研究員は製氷機が綺麗な状態に保っているか今一度見直すべきではないかと指摘しているが、もちろん海外のデータで日本もそれに該当するのかどうかは定かではない。ただし日本のファーストフード店の製氷機も清掃されていない不衛生な状態であれば同じ結果が得られるのかもしれない。

【記事参照】
http://dailym.ai/11o4sd2

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング