炎上楽しいじゃん!ホリエモン声優ファンに『誤読』だと一喝!

秒刊SUNDAY / 2013年6月17日 15時36分

horie

元ライブドア社長堀江貴文さん(以下堀江氏)がご自身のツイッター上で「声優って実際そんなにスキルいるんか?」と発言し声優ファンから多大なるバッシングを浴びた問題で、本日投稿されたツイートは謝罪ではなく「単なる誤読でキレ気味の人が殆ど。」と対抗姿勢を強調したものだった。結果声優ファンと堀江氏の全面対決は免れない状況となった。ただし堀江氏は「炎上楽しいじゃんw」と炎上を愉しんでいるようにも見える。


堀江氏はご自身に声優のオファーがあることをツイッター上で告白したところ思わぬ反響が得られたようだ。それに伴い声優業の素人である堀江氏にオファーがあることに疑問を感じた彼は「声優って実際そんなにスキルいるんかえ」とツイートしたところ、「声優」を卑下している・「声優」という職業を貶めているなどというツイートが押し寄せ声優ファンの怒りを買うこととなった。

そもそも声優ファンは「声」のみならずその人の人柄に好意を寄せファンになる方も多く、例えば代表的な例でいえば「平野綾さん」などは声優を超えたアイドル的な扱いを受けており、声優業を侮辱する=声優アイドルを侮辱しているものとみなされてしまうため、多くの声優ファンが堀江氏のツイートに憤慨した。

しかしこの問題に対し堀江氏は一喝。そもそもの論点が違うようで以下のようにツイート。

一連の騒動は声優ファンによる「誤読」だと主張。具体的にどのような誤読なのかは詳しくはツイートされていないが「読解力不足の人までフォローしようとするとダラダラの連ツイになるので嫌い」と意味深な発言をしている点はヒントになりそうだ。

結果的に炎上という形で堀江氏の話題性は活性化しバイラルマーケティングとして成立しているようだ。また一般的な著名人であれば炎上することでネガティブなイメージに捉えられがちだが、堀江氏は以前のツイートで「炎上楽しいじゃんw」とツイートしていることから、そもそも騒動を愉しんでいるようにも見える。


―この騒動自体がマーケティングか?

もう一つ考えられる要因として今回の騒動がオファーのあった「声優業」の宣伝ではないかという考え方もできるが、以前しきりに「メルマガ」とつぶやく堀江氏に「メルマガ」とツイートするとお金がもらえるのかと秒刊側が問い合わせたところ全力で否定された。


結果的に彼が言う「オファー」のあった出演作品への動員数を伸ばす形となるのであれば、ネットユーザは大いに広告等として利用され、まんまとやられた感が否めないがそうであれば炎上マーケティングとしては大成功だろう。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング