またアイスケース問題発生!手口巧妙化で新たなステージへ

秒刊SUNDAY / 2013年8月20日 15時10分

aisu

アイスケース問題が冷めやらぬ中、再度スーパーのアイスケースに入り悪戯を行う若者がネットで話題になっている。問題の男性はスーパーのアイスケースの中にまるで風呂に入るかのように腰を掛けツイッター上に「アイスがかってほしそうだから買ったった」とツイートしたちまち炎上、しかし直ちに問題の男性のアカウントは削除され足取りはわからなくなった。発生場所が大手企業でもないため特定は難しく、投稿者はそれを狙って投稿した可能性も視野に入れるべきだ。そうなるとこの問題は新たなステージに突入する。


問題の男性は今まで発生してきたアイスケース問題と同様、ケースの中に入りくつろぐ。撮影者はそれをすかさず撮影し、ツイッター上に投稿し第三者によってそれが発覚し炎上。投稿者は直ちにアカウントを削除し逃亡を図るという手口で現在行方が分からなくなっている。

今までの炎上経路は「場所」「身分」など特定されやすい要素を多く含んでいた、しかし今回のタイプは今までと異なり身分の特定が極めて困難であることがあげられる。ただし、キャッシュやほかのアカウントユーザの情報などから本名や学校名などが一部特定は進んでいる。また発生場所もおおよそ見当がついているようだ。

―問題の店舗に問い合わせてみた

問題が起こった店舗と思われる店に直接電話をしてみたところ『現在調査中』とのことだった。同じような問い合わせが多数寄せられている可能性も高い。


―手口の巧妙化

今回の事件のように場所や人物を特定されにくい状況をあらかじめ整備しておき、そのうえで犯行に走るというケースが今後増加する恐れもある。ありふれた特定されにくい場所で犯行を行い、ツイッター等のアカウント情報を削除し足跡を残さない作戦だ。

そのうえで発覚するかしないか瀬戸際の緊張感やスリルを味わうという若者も増えそうだが、今までの流れを改めて確認してみると、そこまで巧妙な手口で犯行に及ぶ若者はほんの一部に過ぎず、本当に逃亡が成功しているのであれば、このように明るみに出てこないだろう。

―追記:現場で警察官の目撃情報も

問題のスーパーに立ち寄ったユーザの情報によると、警察官らしき人物やアイスケースの中身が撤去されているとの情報もある。


―追記2:スーパーカスミより謝罪文が掲載されました

フードスクエアガーデン前橋店で発生した不適切な行為に関してのお詫びとお知らせ
http://www.kasumi.co.jp/news/news610.pdf

これまでのバイトの炎上によるまとめ
http://bit.ly/1cTPPG4

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング