2chで個人情報がスレッドにそのまま貼られる二次災害発生!

秒刊SUNDAY / 2013年8月27日 23時14分

wwf

26日の2ちゃんねる個人情報流出問題を受け、同サイトでは入手した個人情報「本名・電話番号・クレジットカード番号・有効期限」などをスレッドに直接張り付け誰でも閲覧できる状態となっているものが一部あることが判明した。本名・電話番号だけであれば被害は知れているが、クレジットカード番号・有効期限等が漏洩した場合第三者によって使われた場合巨額の請求が発生する恐れもある。


2次災害が発生している情報は2ちゃんねるビューアー契約日、メールアドレス、接続ホスト、カード会社、カード番号、有効期限、本名、電話番号などである。もともとカード情報などが保存されていたデータは「sessions.cgi」と言うテキスト情報に保存されておりテスト情報を含む3万2586人分のデータが格納されていた。


―sessions.cgiは簡単に閲覧・コピペできる

問題のテキストデータは現在匿名サーバ等にアップロードされておりアクセスすれば誰でも簡単に閲覧できてしまい、更に暗号化もされていないテキストデータである為簡単にコピーできてしまう。

その為どんなに知識の無いユーザでも貼りつける勇気さえあれば簡単にスレッドに投稿できてしまう言ってみれば「無法地帯」となっている。

もちろんカード情報と知りながらスレッドに掲載してしまえば「個人情報漏洩」等に関連する法律で処罰される恐れがある為絶対に行ってはならないが、現在は誰でもできる状態であるという事だけ認識いただきたい。


―漏えいが心配な場合

2ちゃんねるビューアーに登録しており、情報が漏えいしているかもしれないと心配されている方は、ネットの解決法を漁るよりも直ちにカード会社に相談したほうが有効的である。カードを解約しなくても対処してくれるカード会社もある。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング