恐らく8割以上が勘違いしている『台風予報円』の真実

秒刊SUNDAY / 2013年8月30日 12時0分

予報0

秋がたになると台風のニュースが頻繁に話題になり「明日日本列島縦断だ」などというキャッチコピーとともに気象庁は警戒を煽ります。しかしふたを開けてみれば台風の進路がそれてほっと一息とともに「あの騒ぎは何だったのか」という疑問に陥ります。実はこれには「台風予報」に対しての大きな誤解がある場合があり、例えばこちらの予報円は日本直撃コースのようにも見えますが実は必ずしもそうではないのです。

―台風の予報円の勘違い



こちらは現在の台風第15号 (コンレイ)についての予報円です。あたかも巨大な台風が日本直撃コースのように見えますがそれは誤りです。予報円とは「台風この円の中のどこか」という予測になるのでこの点線の中に台風があるかもしれませんという「予測」でしかないのです。つまり地域によっては点線の中に入っていてもその日は「快晴」ということもありえます。

言ってしまえば予報円とは「台風だいたいこの辺じゃね?」という予測でしかないのです。

―点線の中に台風が入る確率は7割

点線がどんどん大きくなり、台風が肥大化しているようにも見えますがそれは誤りです。これは点線の中に台風の中心があるかもしれないという予測に過ぎず、この予報円で極論を言うと以下になります。

・日本海にあるかもしれない確率:70%
・太平洋にあるかもしれない確率:70%

つまり朝鮮半島付近に台風の中心があった場合、太平洋側は影響を受けにくい。逆に太平洋側の隅にあった場合は日本海側は影響を受けにくいということだ。

つまり、円が肥大化しているのは「台風だいたいこの辺じゃね?」予測が著しくブレるということです。

※15m/s以上の強風域が約300kmとする。
※太平洋または日本海という意味です。(説明不足で申し訳ございません)
※確率が確立となっておりましたお詫び申し上げます。

―勢力が衰える可能性も。

台風は日本列島に接近もしくは上陸することにより暖かい海水を維持できず勢力が衰えます。その為現在の大きさよりも小さくなり、風も弱体化します。従って予報円の中に入っていても勢力が弱まった影響で全く影響を受けなかったというケースもあります。

台風や低気圧の勢力は「中心気圧」や「風速」でおおよそ知ることができます。この気圧が低ければ低いほど強い台風ということになりますが現在はわかりやすく「強い」「非常に強い」「猛烈な」という3段階の表記で記されます。

また台風の定義は最大風速がおよそ17m/s以上のものなのでそれ以下になれば「温帯低気圧」(普通の低気圧)にかわります。

今回の予報では1日9時には温帯低気圧に変わってしまいます。


―とはいえ最大限の注意を

予報円にも入らないし1日には温帯低気圧に変わるということで「心配なし」と考えるのは危険です。なぜなら普通の低気圧によってもたらされた豪雨によって尊い命を落とした方々がたくさんおられます。また突発的に猛烈な風が吹くこともしばしばあり、風に飛ばされた物体が家を破損したり人を直撃する2次災害も発生する恐れもあります。

つまり予報円・勢力を理解したうえで更なる注意を払ったほうが良いということです。

気象庁の台風予想
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/7-1.html

―追記

31(土)9:00 台風第15号 (コンレイ)は温帯低気圧に変わる見込み。予報円以前の話でした。


面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング