中国でモップのような謎の海の生物が話題に

秒刊SUNDAY / 2013年9月28日 12時0分

13802505000274886

海の中に生息する生物で未だに発見されない謎の生物は山ほどおりますが、こちらの謎の生物もそのうちの一つなのかもしれません。見た目はどことなく「ウミウシ」に近いものがありますが、全身に謎の毛で覆われており、有毒なのか無毒なのかもわからない大変興味深い生物が話題となっております。一体この生物は何なのだろうか。


この生物の面白みはなんといっても裏返した状態であろう。まるでモップの裏のようにまっ平らなのであろう。それでいて両サイドから毛がワサっと生えているということで、まさに海のモップ。もしかしたら本当に海の汚染物を食べて綺麗にする掃除屋のような役割を担っているのかもしれない。

大きさは10センチメートルほどで地元住民の話ではこの生物は何であるかはわからないとのこと。専門家にでも聞いて詳しい情報を得るしかないが、見た感じでは「ウミケムシ」か「ウミウシ」の仲間の一種ではないかと推測される。

もちろんそれらとは全く違う新種の生物というファンタジックな展開も期待したいが、見た目が見た目なだけに、あまりファンが付きそうな生物ではなく、どちらかと言えば嫌悪感を抱かれてしまいそうな気も致します。

ー参考
http://tt.mop.com/read_14259664_0_0.html


ー海外の反応

・これはねこが大喜びしそうだ
・スケール・ネレイスか環形動物多毛類の一種
・なにをたべるんだろうか
・海の毛虫
・これを食べたいかい?
・足の裏が本当に気持よさそうだ
・おもちゃみたい
・本当に気持ちの悪い外観だ
・これ食えるのか本当に

美味しくても食べようとも思いたくはないが、タコも言ってみれば気持ち悪い生物ではあるので、あながち珍味として楽しまれる可能性はゼロではないのかもしれない。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング