小笠原の新島は「中国の領土だ」と中国人がウェイボ―で主張

秒刊SUNDAY / 2013年11月22日 13時52分

twt

小笠原諸島の西之島の南500メートルの海上に、直径約200メートルの新たな島ができたというニュースは日本でも大きな話題となっておりますが、お隣中国でもこのニュースは敏感にキャッチ。なぜなら新しい島ができるということはすなわち、領土・領海が増え中国人にとってデメリットでしかないからだ。また「中国の領土だ」などと主張する者もおり、決して「おめでとう!」と喜ばれる状況ではないようだ。



新しい島のニュースはすぐに中国に伝わり、中国版ツイッターであるウェイボ―で多くのコメントが寄せられております。多くは単純に「日本に新しい島ができた」「40年ぶりの島」などという非常に淡泊な紹介がされているだけにとどまっているが、中には「日本の領土になるのか」「中国の領土だ」「どうせすぐに沈むだろう」と悲観的なコメントを寄せるユーザも。

ただし現時点で中国人に「岩」ではなく「領土」と認めていただけるのはうれしい限りだ。


―この島は日本の領土になるのか?

領土になる為には、国連海洋法条約で定められているとおりである。

1: 自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるものをいう。
2 :3に定める場合を除くほか、島の領海、接続水域、排他的経済水域及び大陸棚は、他の領土に適用されるこの条約の規定に従って決定される。
3: 人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない。

これらを十分に満たしているので島といえるが、沈んでしまったり3を維持できない場合は、単なる岩に降格され、排他的経済水域または大陸棚が失われる。

余談だが沖ノ鳥島は消失の恐れがあるので、消波ブロックなどで補強をしている。


―ウェイボ―でヤジが飛ぶ

案の定新しい島に中国から根拠のないヤジが飛ばされているようだ。

・え?この島は日本の領土ですかw
・埋め立てた領土かもしれない
・国連はこの島の領土と認めない
・地下にゴジラがいたのかな
・島は神聖かつ日本が侵略してはならない古くから中国の領土の一部である
・期待持つのが早すぎ、どうせすぐ海に沈む
・中国の領土の一部
・東京で大きな地震が起こるでしょう
・モンスターが出てきそうだ
・日本の領土が広がるわけではないけど凄いです!
・大韓民国の領土と見なされるべきである
・安心してください、泥ではなく、固い岩によって形成された島なのですぐに沈むでしょう。

地震大国日本にも、新しい島ができるなどメリットがあることはうれしい限りだ。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング