近畿の地震予測は「1月初旬」発生、もしくはついに第8ステージ突入

秒刊SUNDAY / 2013年12月10日 13時53分

kusida2

今年8月から「近畿に巨大地震が発生する」と警鐘を鳴らしてきたものの、幸いにも大きな地震は発生せず世間を騒がせ謝罪を行った地震予知研究をしている「串田氏」が新たな発表を行った。それによると早ければ来年の1月4日前後、もしくは現在の第7ステージから第8ステージに突入し2月25日前後に発生するとの発表を行っている。もはや恒例行事となってしまったステージの遷移は果たしてどこまで進むのか。



http://www.jishin-yohou.com/1778_zokuhou_No057.pdf

―ステージとは?

串田氏のいうステージとは何か。これはおそらく多くのユーザが疑問に感じていることではあるが、判りやすく言えば「特殊な電波」の周期である。それがある程度山あり谷ありといった感じで起伏を繰り返し、それが終息すると地震が発生するという串田氏の推測。

ちなみに何ステージまであるかは不明。


―現在は第7ステージ


串田氏によると現在は第7ステージと呼ばれる状況にあり、この状況が終息すれば来年の1月4日前後に地震が発生するとのことだ。ただし現時点でこれと言って終息する気配もないので12月23日付近で何らかの回答を出すとのこと。仮に1月4日に発生するとすれば経験則上第7ステージは25日には終息するらしい。

ただし、今までもこのような状況で危機感を煽りながらも終息する気配もなかったので特に心配する必要はなさそうだ。


―終息しても第8ステージへ


仮に第7ステージが終息しても即座に地震発生とは考えられなく、次のステージ第8ステージに突入する可能性もある。ステージは1つの極大期を終えると終息するという特徴があり、どれぐらいのステージ数があるのかは未知数なのだという。

次のステージ遷移か?それとも地震発生なのかはまだ研究段階であり、答えを導き出すのは難しそうだ。


―4つの推測があるらしい

串田氏によると現在4つのパターンが推測できるらしいそれによると以下である。

・1月初旬の可能性
・2月下旬の可能性
・1月初旬に第8ステージに突入の可能性
・2月初旬に第8ステージに突入の可能性

つまりここ2~3か月何が起きても起きなくてもこの予測は大体当たる状況となっている。
それによってどのように行動するかは皆様のご判断に委ねたい。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング