見ているだけで恐ろしくなり発狂したくなる比較画像

秒刊SUNDAY / 2013年12月19日 0時48分

earth

見ているだけで発狂したくなるとは何ぞやということでございますが、我々が生活する地球はとても広大で、果てしない海に囲まれた世界に住んでおります。70億人という驚異的な数の人類を抱えつつも、その地球の大きさは想像を絶するほどのものです。ところが太陽系いや宇宙からしてみれば地球は全く大きいとはいえず現在発見されている最大の星と比較すると「・(ドット)」にもみたないのです。つまり我々はその「ドット」の中で生きているのです。

画像

こちらが比較画像である。比較といわれても地球が無いじゃないか!と言われるのかもしれませんがとりあえずいったん落ち着いていただきたい。一番大きな黄色い天体は太陽だ。そしてその次に突如小さくなり下に置いてある2つの大きな天体は「木星」「土星」である。そうなると横にある中ぐらいの天体が「地球」なのかというとそうではない。これは「天王星」と「海王星」である。


―地球は何処にあるのか

では地球は何処にあるかというと木星の左にある小さな天体が地球である。順番を追って説明をすると。
右から順に

「水星」「金星」「地球」「月」「火星」「木星」「土星」「天王星」「海王星」「冥王星」「ハウメア」「マケマケ」「エリス」である。冥王星以降は準惑星である。


―太陽よりさらに大きな星

太陽よりもさらに大きな星は広い宇宙の中にはやまほどある。現在発見されている中で最も大きいのは「おおいぬ座VY星」で太陽の1420倍と推定されている。ゆくゆくはブラックホールになると想定されている。周囲を周回している惑星たちはブラックホールになったらどうなってしまうのだろうか。




―海外の反応

・太陽が宇宙の中で小さいということに驚いた
・太陽のサイズおかしくないかな
・右上の黒い点は何ですか?非常に恐ろしいです
・黒い点はメラノーマです。太陽は日焼けをしているので黒くなっているのです
・黒い点は強烈な地場活動によって引き起こされます。
・黒い点はバナナです
・素晴らしい写真ですね
・宇宙の規模は驚くべきものがあるな
・本当にこのサイズは頭を混乱させる
・本当に頭が痛くなる恐ろしい。
・我々は300メートル離れたえんどう豆とおなじぐらいです

最も小さな物質と最も大きな星を比べてみたい。

参照
http://redd.it/1t4brt

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング