開かずの金庫を強引に開けた結果思わぬ状況となり大絶賛!

秒刊SUNDAY / 2013年12月25日 9時34分

hMA9SE9

こちらの男性は長らく開かずの扉となっていた金庫をどうしても開けたかったらしく、持ち寄りの道具で強引に開けようと試みたそうです。ところが中を開けた瞬間とんでもない状況であることが判明し、その状況を海外のソーシャルメディアにアップしたところそのストーリー性に大絶賛!本来ならばおじいちゃんの形見、金の延べ棒・・・といきたいところだが、出てきたものは・・・。

画像

強引にこじ開けようやく開いたと思いきや、中から出てきたのはなんと「空っぽの部屋」と「クモ」である。開かずの間は開けても何もない部屋だったのである。まさにドラクエでいえば、せっかく最後のカギを手に入れて、扉を開き宝箱を開けた結果中身が「からっぽ」だった時の脱力感。

実際リアルに感じるその感覚はゲームとは比べものにはならないモノだろうが、一閲覧者としても「お宝」がザクザク出てくる状況を期待していただけに残念。

もっとも本当にお宝が出てきてしまった場合はソーシャルメディアにアップしている場合ではないが。


―この扉を開けるのにかかった費用

さてこの扉を開けるのにかかった費用はどのようなものだろうか。投稿された情報によると以下内訳が出ているので参考にしていただきたい。

・ボロスコープ
・切断刃
・ドリルビット

約200ドル(約2万円)とのことだ。2万円でよい夢が見れたと思えばよいのかもしれません。


―海外の反応

・これは人生のメタファー(暗示)であるような気がします。
・あなたのクリスマス終了!
・ ̄_(ツ)_ / ̄
・人生は失望とクモに満ちているのだ。
・この失望を体験するのにどのくらいの費用がかかりましたか?
・約200ドル(ボロスコープ、切断刃、ドリルビットなどなど)駆動好奇心で満足いっぱいです!
・それで、これらをどうするつもりなの?宝グモ?
・華麗な計画だね。
・神投稿!納入に使うべし。
・クモ!
・クモは本当に死ぬことはありません。 たぶん永遠に住んでいます。
・悪くない話だ! この安全についての壮大なストーリーをを¥自慢してください。
・私もからっぽであることを気にしない。 見ることができて満足しています。
・メリークリスマス!

参考
http://redd.it/1tkcz1

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング