なんと「初夢」の定義が全く間違っていたことが判明!実は1日に見る夢が初夢

秒刊SUNDAY / 2015年1月1日 11時17分

写真

なんと「初夢」の定義が全く間違っていたことが判明!実は1日に見る夢が初夢



初夢を見逃して残念な気持ちになっている方、実はまだ間に合います。なんと初夢は1月1日~2日に見る「新年の夜に見る夢」のことを言う。というわけで富士山が見れなくて残念だと思っている方、実はまだチャンスが残されている。今からでも遅くないので富士山の写真をたくさん見ておき、なんとしても「初夢」のチャンスをつかむのだ。

回せ回せ(´._.`) 初夢間違うなっ pic.twitter.com/bzTGndgJGX

— Nae@フォロバ90% (@ren06120423) 2014, 1月 1

本来初夢の諸説は様々あったようだが、明治の改暦後は、「元日から2日」とする人が多くなった。つまり1日に見る夢を初夢ということになる。しまった!すでに寝てしまい見ていないという方もとりあえず「寝ろ!」そしてレム睡眠状態を作り夢を見やすい環境を整え、かつ富士山のイメージトレーニングを行う。そうすれば無理矢理でも理論上富士山の夢を見るのだ。


―初夢の定義

実は初故目の定義は「ふわふわ」していてこれと言って定まっていない。そのため以下4つの諸説がある

1.節分の夜から立春の明け方に見る夢
2.大晦日の夜から元旦に見る夢
3.元旦の夜から二日の朝に見る夢
4.二日の夜から三日の朝に見る夢

最も多く支持されているのが3である。もちろん2で富士山を見てしまった場合はそれでOKなのである。

情報元:雑学ポータルより

http://takech.fc2web.com/japan/12.html


―富士山を見るには

とはいっても簡単に富士山が夢に出てくるような生易しいものでもない。そもそも簡単に出てきたら「初夢」のご利益がない。ということではあるがどうしても富士山が見たいという方にお勧めなのが、目をつぶり富士山のイメージを抱きながら寝る。

すると寝ている状態と、起きている状態の中間地帯のふわっとした状態に行き着くことができるのでその状況下で富士山をすかさずイメージ。そうすれば理論上富士山を見たことにはなる。

もちろん明確にレム睡眠状態で富士山を見るのが一番だが、ちょっとした荒業だ。


―ネットの反応

・間違えてたよ。なんか去年学習したはずなのに
・よし!今日頑張って鷹がナスくわえて富士山めがけて飛んでいく夢見よ!!
・今日寝てみたのが初夢
・知らんかった
・これ知ってた
・今日の夢が楽しみだな!
・まだチャンスはある(*´ω`*)
・初夢みれるかな?(  ̄▽ ̄)
・今日の夢、イマイチだったから よかった
・今日初夢でね!とか言ってる人たちただの勘違い
・逆にみんな知らないの
・今夜見るのが初夢なんだね。
・初夢は今夜~だから大丈夫
・これは通説であって、一概に間違いではないんだよ
・お!じゃあ今日か!
・一般常識を回せ回せとか日本終わってる

なすびの意味合いも諸説あるようですが・・・割愛いたします。

(秒刊ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング