カラオケアプリがどれだけ精密かやってみた

秒刊SUNDAY / 2014年1月27日 17時4分

カラオケ

カラオケアプリが大量に出てる中、利用者も増えているようだ。カラオケアプリというのは、スマートフォンにイヤホンを接続し、イヤホンスピーカーで声を拾って採点するというもの。使ってみた人の中には0点と14点とかの滅多にお目に書かれない点数を出した人も。しかし中には102点とか訳のわからない数字もあるみたい。まぁ流石に実際のカラオケのような精密さはないにしても、やろうと思えば高得点は出るのか・・・?むしろ実際のカラオケと同じくらいの採点機能があるのでしょうか・・・?もし採点機能が精密ならば、アプリを駆使してカラオケの練習になるのでは?あわよくば合コンでカラオケスターになれるのでは?ということで・・・やってみました。 今回はDAM採点カラオケのアプリを使って検証します。

http://spdam.jp/
https://itunes.apple.com/jp/app/cai-diankaraoke-dam/id537090494?mt=8

まず実際のカラオケ(DAM)で採点します。歌う曲は筆者の十八番である19の「果てのない道」を歌います。←年齢と世代がわかってしまう選曲

ちなみに私は特別歌は上手いというわけでもなく、カラオケの採点ではいつも当たり障りのない点数を叩き出し、一緒にいる人達のリアクションを困らせる事に人一倍長けています(声だけはいいと言われるが、声がいいって便利な言葉だなぁと思っています)
で、歌ってみた結果「カラオケ普通」出ました。



これぞ当たり障りない、上手くもなく下手でもない数字。ちなみに一人でカラオケに入って熱唱しました。
 さて、ここでDAMのアプリで歌ってみました。さて、どれほど差が出るのか?まず、採点機能を使用するにあたって、サービスに課金しなければなりません。

ー課金


1ヶ月600円で歌いたい放題という、お得なプラン。一人カラオケに行くのが恥ずかしい人は是非。熱唱した結果…結果

 

高くなってる。O点とかそういう突拍子もない数字を出すかと思いきや普通ですね。むしろ高くなってます。おかしいと思い、もう一度歌ってみたら88点になってました。下がったら下がったで何か悔しい。
で、実際にアプリを使ってみての感想なんですが、イヤホンマイクを通して音楽と一緒に自分の声もかなり鮮明に聞えます。最初は慣れなくて気持ち悪かったのですが、音量とエコーもアプリ内で調節できるので、自分の丁度いい響きに変えると気にならなくなりました。

むしろ普段のカラオケより、イヤホンを通すことによってより細かく鮮明に音や声が聞こえるので、自分の音程の違いがリアルタイムにわかって歌いやすい印象でした。だから実際より点数が良かったのかもしれません。

何よりエコー機能!イヤホンを通してエコーが聞いた自分の声を聞くというのは、カラオケボックスで歌っている感覚というより、お風呂で歌っているような感じでした。それゆえに歌ってる途中で気持ちよくなって自分が歌が上手いと錯覚しがちですが、全然全く違うので安心して下さい。
歌い終わった後に必ず現実に戻る勇気をお持ちなるようおすすめします。歌の練習に活用するならエコーなしでやるといいかもしれませんね。カラオケに少し抵抗がある方は、カラオケアプリを活用してみては?
きっと楽しい合コンライフが待っています。

(記事提供:秒刊サタデーより) 

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング