落書きでもこれは許される!芸術的な落書きが話題に

秒刊SUNDAY / 2014年2月13日 0時1分

hi

日本であればこのような落書きがされた場合、すぐに市などの職員がすっ飛んできて清掃作業を開始し、器物損壊の疑いで犯人を捜し出し徹底的に取り締まるのですが、この落書きはあまりに削除するには「もったいない」ほど芸術的なのである。確かに見ごたえある男性のモノクロイラストではありますが、実はこれは昼の顔。夜はとんでもない顔を覗かせます。

画像

なんと夜になるとライターの炎にちょうど街灯(?)が灯ることであたかも、この男性がライターをつけているかのような状態となるのだ。この絵を描いた人間はそれをもちろん計算に入れて描き上げたと思うのだが、この手の込んだ設定は、落書きというジャンルを逸脱しある意味芸術性を感じる。つまり削除するにはもったいないのである。この落書きが現在も残っているのかは定かではないが、このような落書きもある意味街の景観向上に一役買っているのではなかろうか。


―残念ながら削除されたとの声も

さてこの落書きだが、コメントを見ると残念なことに1年前に削除されてしまったとの声も。しかもこの炎の部分が、街灯を利用しているのではなく本物の火炎瓶を燃やしその瞬間を撮影したのではないかという声も。そうなってくると確かに状況は変わってくるのかもしれない。

ということでメイキングもあるのでその点ご判断いただければと思う



動画URL
http://youtu.be/XGVUFBmAV-0


―海外の反応

・ いや本当に素晴らしいストリートアートだ
・ なんだか気分が明るくなったよ
・ 昼と夜含めて素晴らしいストリートアートだ
・ 橋を燃やすのはよくないなあ
・ 1年前になくなったけどね
・ フォトショップだろ
・ 素晴らしいけど破壊するのはよくないね
・ 昼と夜の違いが非常に良い
・ 光はどうやって実現させたのか
・ 火炎瓶です。
・ 火炎瓶を燃やしているのかも

参照
http://redd.it/1xo153

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング