現実的過ぎ!ディズニーアニメの続編が「もし」あった場合こんなストーリーになる!

秒刊SUNDAY / 2014年2月25日 9時56分

fallen-princesses-dina-goldstein-1

世界中から愛されているディズニーキャラクター。その中でもお姫様シリーズは女の子たちの憧れの的。美しい容姿に抜群のスタイル。そして 必ず待っているのは「完璧なハッピーエンド」一点の曇りもありません。どんなに辛い目に遭おうと 悲しい目に遭おうと、最後には これ以上なという程のイケメンの王子様と幸せに結ばれるというストーリー。この強烈なインパクトは 子供ならずとも大人にまで浸透。「シンデレラ症候群」「シンデレラストーリー」「シンデレラコンプレックス」などの言葉を生み出した程。その確固たるハッピーエンドを逆手にとり 【その後 お姫様たちの 生活】がアートとして登場。小さい頃に閉じたその絵本、もしかしたら見えない続きがあったのかも?

この物語の続きを作ったのが 写真家のDina。彼女は「もし 子供の時に読んだ ディズニーの物語に続きがあったのなら・・・って考えたの。その後どうやって暮らしているのかしら?って。私達女性や周りの人が日常的に悩んでいることや起こっている出来事、例えば 病気や依存症 もしくは 自分に自信が無い事だったり・・・そんな様々な問題も プリンセス達も実は抱えているんじゃないかって。」

 まさに非現実的な究極の幸せからの一転だけあって、どれもが衝撃的な作品になっています。しかし Dinaさんも仰ってる通り「日常的に私たちが抱えている問題」との融合。強いインパクトの中にも親近感が湧き ユーモアさえ感じられます


―白雪姫

子だくさんです・・・・。立て続けに出産したのでしょうか?白雪姫一人が子育てに追われているように感じられます。子供がぐずっていても父親の王子様は知らんぷりでTVをボーと眺めているのみ。昼からビールを煽っている様子を見ると、働いていないのでしょうか?タイツの穴が 荒みきった生活の表れの様です。



リエル



・・・・・?!売られてた!!!!

 
 

―赤ずきんちゃん。

思いっきり肥えてます。ドスーン ドスーン!一歩歩くたびに地鳴りがしそうです。 バスケットの中身はお婆さんへのお土産ではなく 既に自分専用に。溢れるほどのバーガーとフレンチフライ。Lサイズのドリンクも入ってます。おかわりバックアップ用でしょうか?靴も体重を支えられるようにしっかりとした靴に履き替えています。今この瞬間も飲み干しているドリンクには黄色いMの文字が・・・・


シンデレラ

【画像】閲覧注意

いつまでも 美しく 若々しく 永遠の姫。そのプレッシャーたるや尋常ではありません。
いつの時代も世界中から注目の的なのですから。 

【参照記事】
http://www.demilked.com/fallen-princesses-dina-goldstein/

【関連記事】
闇に包まれたマックのポテト製造工程が判明!ジャンクなんて言わせない!

ライターSKKC 

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング