蟻に「色水」を吸わせた結果が「鮮やか過ぎる」と話題に

秒刊SUNDAY / 2014年4月19日 23時41分

写真

蟻に「色水」を吸わせた結果が「鮮やか過ぎる」と話題に



蟻に色水を吸わせるとどのような現象が起こるのでしょうか。実はアリ科の中でも一部の種は、吸い込んだ液体(蜜)でお尻を膨ませ、溜め込めるようです。溜め込んだ液体は仲間とのコミュニケーションに活用されるほか、種によっては甘みを持つものもいるため人間に食べられることも。そんな蟻に色水を吸わせてみた結果がこちら。
(画像)


なんと確かにお尻の色が吸い込んだ色水の色に変わっており、ある意味アートのように美しいではないか。蟻はこの水を何であるか理解せず飲んでいるようですが、我々人間からしてみれば実にあなた方は美しい。もちろん好んで飲んでいるということは「甘い」液体なのですが、それ以上に輝いた宝石のようだ。とはいえ、緑や黄色に輝く蟻の姿は若干不気味さを感じますが、このような仕組みなのかと改めて考えさせられます。


―蜜壺蟻ではないかという声も



この蟻は、単なる蟻ではなくお尻に養分を蓄えるオーストラリアの「蜜壺蟻」ではないかということです。実際は写真より遥かに、貯蔵できるようで原住民がその甘い蟻を好んで食べるのだといいます。蟻を食べるというのも抵抗がありますが、イナゴの佃煮のようなものだろうか。


―海外の反応

・ うわぁピクミンを思い出すわぁ
・ 確かにピクミン・・・
・ これは蜜壺蟻の性質に基づいているのですよ
・ 蟻って言っても種類にもよるけどな
・ 色が変わる、つまり人種差別をする蟻なんですね。わかります。
・ クールすぎる!
・ 凄い進化だなあ。
・ なんだか恐ろしい光景だとは思わないか
・ 働きアリが供給している貯蔵庫の役割です。
・ 素晴らしい!蟻社会のこのような構造は大好きです!
・ その体液をどのように絞り出すんですか
・ 蟻充血しているではないか!
・ これ破裂しないのかな・・・
・ マジか、でもこんなのアリかよ。


参照

http://redd.it/23eiuf

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング