「ベストな健康」を維持するための最も根本的な習慣の改善方法

秒刊SUNDAY / 2014年4月23日 9時27分

GREEN_NE20140125500

生活習慣と健康は密接な関係にある。日々の生活を振り返り、改善して行く事で、健康的な肉体と精神を維持できるようにしたい。ということで今回はそんな健康を得るための最も根本的な「習慣」の改善について紹介していきたい。もちろんすでに実践されている方も、そうでない方も非常にプラスになる要素であるため、実践できなくともなんとなく心に決めておいてほしい。

―睡眠




健康と睡眠は密接な関係にあります。質の高い睡眠を心がける事が、健康への第一歩だと言えます。理想的な就寝時刻として21:30分がいいでしょう。健康的な肉体を維持する為には、成長ホルモンが欠かせません。22:00から02:00の時間帯は睡眠で一番良い時間と言われています。

この時間帯に睡眠をすると、成長ホルモンを活発にする事ができます。

健康にはもちろん、美容に意識的な人にとって気になる、アンチエイジングにも効果があるので、ぜひ習慣化したですね。



―朝食



朝食にご飯、パンなど食べている方が多いと思いますが、果物をオススメします。

睡眠している間に、胃の中はほとんど空っぽになりますが、空っぽの時に果物を食べると、果物のパワーを直接体内に摂取する事ができます。

おもしろい話ですが、果物は、胃に何も入っていない状態で食べると、胃を素通りし、腸へそのまま運ばれます。果物が酸化せずに、摂取できるので、酵素のパワーや、栄養素も直接体内に取り入れられる事になります。胃への負担も少なくなるので、カラダも疲れずに、活動できるようになります。


このような工夫をする事で、カラダは確実に健康的になってくるでしょう。
ぜひ習慣化して、いきいきと毎日活動できるように、しましょう。

(ライター:不明)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング