「アニオタ=犯罪予備軍」と言う報道が偏見報道だとネットで批判

秒刊SUNDAY / 2014年7月21日 22時19分

写真

「アニオタ=犯罪予備軍」と言う報道が偏見報道だとネットで批判



岡山県倉敷市で行方がわからなくなっていた小学5年生の女子児童が、岡山市内で無事保護された事件について、マスコミは犯人の細かい趣味や素性を公開しておりました。それによると部屋には「アニメのポスター」が床や壁にまんべんなく貼られていたと言うことだ。この報道を受けネットでは「アニメファン」=「犯罪者」と言う印象を与えかねない偏見報道だと批判があつまっております。

頭、悪いなあ~。そう思います。俺こういう単純な図式で犯人を語るのはもう辞めた方がいいと思います。何か、アニオタ=怪しい、犯罪予備軍みたいな印象を喚起しようとしてませんか?そんな単純ですかね?違うと思いますよ。俺、嫌いです、こういうの。 pic.twitter.com/smmRn9z00X

— 佐藤治彦 (@SatoHaruhiko) 2014, 7月 21

本件に関しては、経済評論家の「佐藤治彦」氏も同様の意見をもっているようで「何か、アニオタ=怪しい、犯罪予備軍みたいな印象を喚起しようとしてませんか?」と注意喚起している。確かに犯人と「アニメ」や「美少女」といったキーワードが結びついてしまうとどうしても「オタク」を批判しているようにも見えかねない。報道側としては単純に犯人の素性を紹介しただけなのかもしれないが、やはり「なぜそこをフィーチャーするのか」と言う疑問もあるようだ。


―森永卓郎も反論

現代ではAKBのようにオタクが文化を支えていると言う事実も一般的に認知されつつあり、むしろオタク文化が一般的な層にも普及している。

そういった意味ではマスコミの標的にならざるを得ないもっとも格好の餌食として「アニメファン」と言うジャンルが最後の砦なのかもしれない。

そんな中同じく経済評論家の「森永卓郎」氏もTBSのNスタに出演し「犯人の部屋に美少女ポスターが貼ってあるからといって、犯罪者みたいな事を思うのはおかしい」と反論している。


―ネットの反応

・ 森永卓郎のオタクなるわ
・ アニメ見る奴が犯罪者予備軍!?
・ 森永卓郎のくせに・・たまにはいいこと言うなw
・ 監禁事件について森永卓郎さんがテレビで素晴らしいコメントでしたが
・ 森永卓郎がマスゴミをバッサリwwwい
・ こういう時だけ森永卓郎持ち上げてて草
・ オタク擁護発言をしたからって森永卓郎をageるのはちょっと無理があると思うの
・ 森永卓郎さん このときだけイケメンと感じたわ
・ 森永卓郎GJすぐる
・ オタクでアニメのポスター貼ってるやつ犯罪者予備軍らしいけど
・ 何?このアニメ見たら犯罪者予備軍っての… ちょっとイラっときたんだが
・ ってかアニメポスターは犯罪者予備軍言った局どこ
・ もう犯罪者がアニメ好きだと、どうこうとかいいじゃん!
・ 私もコレ見てた。森永卓郎らしいwwと思ったよ。
・ きっと森永卓郎は美少女ポスター貼ってるんだろうな

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング