【朗報】車内でメールしている運転手を見つけ出すレーダー装置が開発!交通事故を減らすため

秒刊SUNDAY / 2014年9月18日 23時13分

写真

【朗報】車内でメールしている運転手を見つけ出すレーダー装置が開発!交通事故を減らすため



高度な科学技術を有するアメリカでは、毎年のようにハイテク機器が開発されて様々な業界で活かされている。現在アメリカで開発されている装置の中でも特に興味深いのが、ComSonics社の手掛けるレーダーデバイスである。この装置を使えば、運転中に車内でメールをしている違法ドライバーを迅速に発見することができるという。


日本では運転中によそ見をしながら携帯電話を使用すると道路交通法により罰せられるが、アメリカも例外ではない。ニューヨーク、カリフォルニア、フロリダ、マサチューセッツなど30以上もの州で運転中のメールが法律で禁止されている。

文章を考えながら携帯電話の画面を注視してテキスト入力しなければならないメールを始めると、ドライバーの意識は運転から大きく逸脱してしまう。大事故につながる恐れがあるため、関係者も積極的に運転中のメールをやめるように呼びかけてはいるが、多忙な現代人にとっては移動中でもメールチェックは欠かせない。なかなか車内でメールをするドライバーが減らないのが実情である。

そこで、レーダー機器の開発・修理業務を手掛ける電子機器メーカーのComSonics社は、メール送信時に携帯電話が発する特定の周波数を探知できるレーダーガンの開発に着手した。通常の音声通話やデータ転送時に発せられる周波数と区別できる機能を有しているため、確実に違法ドライバーのみを発見できるという。

ただし、現在開発中のレーダー装置にも改良すべき点はある。せっかくメール送信反応を発見しても、車内に複数の乗員がいた場合、ドライバーが送信したのか他の人が送信したのか判別することができない。また、走行中の車内からメール送信されたのか、停車している車内からメール送信されたのかを識別するのも難しく、警察が現場に導入するにはまだ時間がかかると見られている。

とはいえ、これらの欠点をクリアできれば、違法ドライバーへの牽制として大いに重宝することだろう。不注意による痛ましい交通事故が一件でも減ることを祈らずにいられない。


―海外の反応

・おいおい、運転中にテキスト入力しなくても自動的にショートメッセージを送れるアプリなんて今どきいくらでもあるだろ。こんなもの何の意味もないぞ。
・ドライバーと乗員のどっちがメールしてたかなんて、口裏を合わされたら終わりだろ。
・ドライバーが携帯を隠したらどうすんの?わざわざ車内を調べるのかよ。
・Facebookのメッセージサービスを使えばレーダー探知を回避できるよ。
・宣伝乙。
・ハンズフリーで音声入力機能を使ってたらどうすんの?
・この開発会社は大金をドブに捨てることになりそうだな。
・iMessageを使えるiPhoneのユーザーは勝ち組だな。
・Googleのハングアウトを使ってる人もね。
・「速報です。6億ドルの資金を投じて製作されたレーダー装置でしたが、GPSアプリの周波数と区別できないことが判明し、開発は失敗に終わりました。」
・役立たずだなんてとんでもない。この装置があれば、警察は好き勝手に無実の市民に難癖をつけて金を没収できるじゃないか。
・なんて見事なファシズムなんだ。
・実際、うちの近所でも運転しながらメールしてる人たちがいるし、うまく機能してくれるといいんだけどなぁ。
・ドライバー「俺じゃねーって!ダチがメールしてただけだっつーの!」
・警官「車内にはあんたしかいないようだが…。」

掲載元
http://www.reddit.com/2gnlkp/

(ライター:sha-la-ku)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング