あまりに挑発的な「ゴミポイ捨て禁止看板」が話題に。

秒刊SUNDAY / 2014年9月19日 23時12分

写真

あまりに挑発的な「ゴミポイ捨て禁止看板」が話題に。



路肩や河川敷などのエリアにはゴミのポイ捨て・不法投棄の禁止区域であることを示す看板が設置されていることが少なくない。世界中どこの国もマナーの悪い市民への対応に苦慮しているようだが、海外のポイ捨て禁止を訴える看板広告のメッセージ内容があまりにも喧嘩腰過ぎるとネット上で話題になっている。


一般的に、日本国内で見かけるゴミのポイ捨て禁止を呼び掛ける看板には、「ここにゴミを捨てないでください」、「ポイ捨てをやめましょう」などの穏やかなテキストが並んでいる。見る者の良心に訴えかける狙いがあり、平身低頭な日本人らしい看板と言えよう。

片や、イギリスのデザインサービス企業・Solid Developments社がスポンサーを務める看板には、見る者を困惑させるような過激な文言が並んでいる。大きな文字で「なぜ貴方はポイ捨てするのですか?」と問いかけ、以下にその理由を示す四つのチェックボックスが記されている。

1.バカだから。
2.町がどうなろうと知ったこっちゃないから。
3.ママが後で掃除してくれるもんね。
4.上記すべてに該当。

ゴミをポイ捨てする人を完全に見下している実に挑発的な看板である。へりくだってマナーの順守を呼びかける日本の看板とは真逆で、ルールを守らない人間に対しては一切容赦しない威圧感がみなぎっている。

日本人の目にはギャグで立てられた看板のようにも見えるが、海外ではゴミのポイ捨て・不法投棄が非常に厳しく取り締まられている。特に有名なのがシンガポールだ。路上で唾を吐いただけで警察に捕まることもあり、ゴミをポイ捨てすれば最大で1000シンガポールドル(およそ9万円)の罰金を科される。他にも、中国やタイ、スリランカなどの国々でもゴミのポイ捨てを法律によって禁止して罰金を科している。

名将・野村克也氏は自身の語録の中で、「人間の最大の悪は鈍感である」と説いている。何気なく行ったポイ捨てであっても、地域の美観を汚すだけでなく、自然環境破壊にもつながる悪しき行為であることに変わりはない。普段タバコや空き缶をポイ捨てしている方は、自分の行動を省みてはいかがだろう。


―海外の反応

・近くにゴミ箱が無いんだよなぁ。
・じゃあ、お前も看板の全項目に当てはまるわけか。
・俺だってポイ捨てを容認するつもりはないさ。でも、ポイ捨てする連中をアホ呼ばわりするより、なんでポイ捨てする連中がいるのかってことをしっかり考えた方がいいって言ってるんだよ。
・ゴミ箱があってもポイ捨てする奴は腐るほどいるぜ。面倒くさがり屋のバカはこういう看板を見ても平気でスルーするんだろうな。
・ちょっと先にゴミ箱があったのに、平然と川に瓶を投げ捨てていった通行人を見たことがあるぞ。
・サイコパスは恥の概念を持ち合わせてないし、自分の都合しか考えてないからな。
・ポイ捨てはいけないことだけど、サイコパス呼ばわりはどうかと思うよ。
・「上記すべてに該当」の項目があるなら、いちいち全部のチェックボックスをマークしなくてもいいような…。
・5個目の項目が抜けてるぜ。「カップやボトルを入れられるサイズのポケットがねえんだよ!」
・自分が怠け者であることは認めるけど、公園のごみ箱を空にしない連中にも非があるだろ。
・もっとゴミ箱を増やさない政府が悪い。
・看板が立てられてる木の幹に、「グーニーズ」に出てくるスロースみたいな顔が浮かんでないか。
・俺も看板よりそっちの方が気になったよ。
・なんて気味の悪い顔だ。
・木が何か叫んでやがるぜ。

掲載元
http://www.reddit.com/2gs5ns/

(ライター:sha-la-ku)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング