米軍予報、猛烈台風19号「日本縦断」のおそれもあり週末は大荒れか

秒刊SUNDAY / 2014年10月9日 14時3分

写真

米軍予報、猛烈台風19号「日本縦断」のおそれもあり週末は大荒れか



900hPaという猛烈な勢いを持った台風19号ですが、どうやら今週末は大荒れになる模様です。現在の予報円では、九州に上陸し東寄りに進路を変え、日本をそのまま縦断する恐れも出てきております。台風は関西から愛知にかけて通過し、更に14日になると関東に最も接近する恐れもあり勢力も現在900hPaを維持しているため警戒が必要だ。

【台風19号、丸1日以上、900hPaを維持】最大風速60m/s(最大瞬間85m/s)と猛烈な強さのまま。進路予報は当初予想よりやや東寄りに。図は9日12時の進路予報。13日21時の地上天気図/降水量予想図(初期値8日21時のGSM) pic.twitter.com/8TP3pM6P7H

— 大竹(気象予報士) (@ohtakepapa) 2014, 10月 9

猛烈な台風19号は勢力を維持したまま日本に接近。さらに東寄りに進路を変え日本を縦断する恐れも出てきている。そのため週末は大荒れとなる恐れもある。台風18号で地盤が緩んでいる上さらに19号の直撃となれば、大きな被害は免れない。また御嶽山で行方不明者の捜索が続いている為そちらにも影響が出そうだ。

週末おでかけの方は要注意だ。


ー米軍の予想も直撃


気象庁よりも正確だと巷で話題の「アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)」の予想ですがこちらも直撃コースとなっております。ただし日本に接近することにより勢力はだいぶ衰えるため猛烈な台風の状態で上陸ということはないが、台風18号の大雨によりさらなる土砂災害などの被害が懸念される。

JTWC
http://www.usno.navy.mil/JTWC/


(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング