アパレルプロに訊く、意外と知られていない「男性の結婚式のNG」服装ベスト5

秒刊SUNDAY / 2014年10月13日 18時59分

写真

アパレルプロに訊く、意外と知られていない「男性の結婚式のNG」服装ベスト5



結婚式といえば、「ジューンブライド」といわれるように6月が多いと思われるが、実はこの時期の結婚式も人気なのだ。秋は過ごしやすい気候のうえ、祝日が多いのが人気の秘訣だとか。お祝いの席だからこそ、ルールを守った上品な服装で、オシャレに決めていきたいところ結婚式にお呼ばれした時、頭を抱えるのが服装だろう。男性の場合、「スーツなら問題なし!」と思ったら大間違い! 実は男性の服装マナーにも、女性同様細かなルールが存在するのだ。そこで、結婚式にお呼ばれした際の男性の服装のルールを、スーツショップ「THE SUIT COMPANY(ザ・スーツカンパニー)」の広報・内藤将司さんに聞いた。
ー1:スーツ



挙式や披露宴では、ブラックのフォーマルスーツがベター。親族など身内としての参加でなければ、目立たない柄のダーク系のスーツでOK。はっきりとしたストライプなど柄物は、厳かな場にふさわしくないので避けておこう。

ちなみに二次会はカジュアルで通用するケースが増えてきているが、「お祝いの場」であることは変わりないため、スーツ、あるいはジャケットを着用した服装が望ましい。


ー2:シャツ



シャツはベーシックなホワイトが基本。カラー(襟)に関しては、ワイドカラーやレギュラーカラーが望ましく、ボタンダウンは、カジュアルシャツに分類されるのでフォーマルな場ではNG。


ー3:タイ



やや光沢感のあるシルバーのソリッド(無地)タイが無難だが、ピンクやブルーなどのやや明るいペールトーン系の無地のものでも問題ない。黒系は柄入り、無地に関わらず、縁起が良くないとされているので、注意しよう。


ー4:シューズ




シューズは、ブラックの内羽根ストレートチップがベター。ブラウンなど黒以外の色は、カジュアルな雰囲気になってしまうので×。ひもを通す穴部分が外に出る外羽根や、タッセル、ストラップ、ウィングチップなどはカジュアル仕様なので、結婚式などのフォーマルな場にはふさわしくない。


ー5:チーフ



胸元を華やか飾るポケットチーフは、普段の着こなしと違いを与えるために役立つアイテム。白無地のコットンやリネン、またはタイとの色や柄を合わせて統一感を出そう。

「最近では、ブラックスーツにシルバーのネクタイという服装は親族の方だけで、ご友人として参加される場合は、ややカジュアルな服装もOKになってきています。ただ、目上の方から見たらあまり好ましくない印象になる場合もありますし、年代によっては親族・身内に限らず正装が必要になることもあるので基本のルールは知っておいた方がいいですよ」と内藤さん。

せっかくのおめでたい結婚式が、服装で台無しになってしまってはもったいない。マナーを守った正装で気持ちよく祝えるようにしよう!

(田村里佳+ノオト)

CHINTAI情報局-暮らしの百科事典-

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング