韓国の換気口崩落事故で対策された奇策が「酷い」と話題に

秒刊SUNDAY / 2014年11月3日 9時39分

写真

韓国の換気口崩落事故で対策された奇策が「酷い」と話題に



先月10月17日に韓国ソウル近郊の京畿道城南(キョンギドソンナム)市のショッピングモール近くの公園で行われていたライブで換気口に乗ったファンが、突然落下し16人死亡すると言う大変ショッキングな事件が発生し他のは記憶に新しいかと思うが、この問題に対し新たな対策が行われ更なる反響を呼んでいる。なんと換気口の上にガラスを張るというアイディアだ。


崩落した換気口は現在鉄の網が元通りに設置されているが、それでは危ないということでその周囲にガラス張りの板が設置されました。これにより換気口に登る人はいなくなるかと思いますが、なぜ透明のガラス張りにする必要があるのかと疑問の声が上がっているようだ。

そればかりでなくガラスを良く見ると天井までぴったりと密封された完全なる密室。これならば確かに最悪登れたとしても中に入ることは出来ない。

それ以前に「換気口」としての役割を果たしていない。ちなみにこの下には地下駐車場があり「地下駐車場換気口」となってる。

他の換気口から空気を入れ替えることは可能だが、はたしてこの対策は功を奏すのだろうか。

掲載元
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=sec&sid1=102&sid2=257&oid=421&aid=0001087635

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング