マーベル激怒!アベンジャーズの新作PVをリークさせたユーザーが告訴されることに

秒刊SUNDAY / 2014年11月8日 12時8分

写真

マーベル激怒!アベンジャーズの新作PVをリークさせたユーザーが告訴されることに



2014年10月下旬、大人気SF映画・アベンジャーズの最新作「Avengers:Age of Ultron(エイジ・オブ・ウルトロン)」のトレーラー(予告編)がインターネット上にアップロードされ、ファンの間で話題になった。しかしこの動画は何者かが違法アップロードしたものだったことが判明し、大問題に発展してしまった。
事態を重く見たMarvel(マーベル)は、現在Googleにアップロードしたユーザーの情報開示を要求しているという。ヒーロー映画に端を発した騒動が泥沼の様相を呈している。


アベンジャーズは、マーベル・コミックで大人気を博しているアクション漫画である。普段単独で行動しているヒーローたちがチームを組んで共闘するという斬新なコンセプトが特徴的だ。2012年には映画版がリリースされ、大ヒットを記録。2015年には続編の「Avengers:Age of Ultron」が公開される予定だ。

当初、Age of Ultronのトレーラーは、アベンジャーズのスピンオフドラマの放送時に盛大に公開される予定だった。しかし、会社が保管していたはずの動画ファイルは「John Gazelle(ジョン・ガゼル)」と名乗るユーザーによってGoogleドライブにアップロードされ、たちまちネット上に拡散してしまった。そのため、会社はHD版のPVを当初の計画よりもはるかに早くYouTube上で公開せざるを得なくなってしまった。

関係者がこの件に関して冗談めかしたツイートを投稿したため、単なる笑い話で終了するかと思われたが、やはり現実は甘くなかったようだ。マーベルは正式に訴訟手続きを開始し、トレーラーを違法アップロードしたユーザーを調査し始めた。依頼を受けたGoogleは11月中旬までにJohn Gazelle氏の全個人情報を裁判所に提出することになっている。犯人が特定されるのは時間の問題だろう。

本件に限らず、インターネット上では有料コンテンツを違法アップロードする悪質なユーザーが後を絶たない。アベンジャーズのヒーローたちが地球の平和を守るために戦っているように、マーベルにはネット上で侵害されがちな著作権を守るために頑張ってもらいたいものである。


―海外の反応

・従業員か会社のビルを建てた建築家の仕業だろうな。
・犯人が偽の個人情報を使ってインターネットカフェからアップロードしてなきゃいいんだけどね。
・トレーラーくらいいいじゃないか。どうせタダで見られるんだし。
・保管されてた極秘映像を勝手にリークするのは重罪だぞ。
・なんでGoogleが批判されてんの?
・YouTubeはGoogleが運営してるからね。
・Google「知ったことかよ!」
・すげーな。公開から24時間で3000万再生を超えたのかよ。
・トレーラーを見たけど、ありきたりな内容でちっとも面白くなかったぞ。
・話題作りのための自演かもな…。

掲載元
http://www.reddit.com/2lkwyw/

(ライター:sha-la-ku)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング