ひっつきむしこと「オナモミ」が既に近畿で絶滅していたことが明らかに

秒刊SUNDAY / 2014年12月3日 9時14分

写真

ひっつきむしこと「オナモミ」が既に近畿で絶滅していたことが明らかに



NPO法人 野生生物調査協会 と NPO法人 Envision環境保全事務所が運営する「にほんのレッドデータ」によると、昔学校の帰り道でよく慣れ親しんだ草であり、服にくっつけて遊んだりしていたひっつきむしこと「オナモミ」が既に近畿や四国の一部では絶滅していることが明らかおtなりました。またその他地域でも絶滅危惧となっているようです。


ー絶滅の原因は外来種の影響

どうやら「国産オナモミ」は外来種である「オオオナモミ」の侵略により徐々に勢力が衰え、オオオナモミが拡大していっているとの見解が示されております。

環境庁によるとオオオナモミは

・河川敷や牧草地等へ侵入するため、河原に固有な在来種や牧草への競合・駆逐のおそれがある。
・牧草地に侵入すると家畜に有毒であり、総苞の付着による羊毛の品質低下も問題になっている。
・侵入経路や分布拡大のメカニズムを把握し、効果的な防除方法や分布拡大の抑制策の検討が望まれる。 ・日本の侵略的外来種ワースト100(日本生態学会)。

とされ有害生物として認識されているようです。その影響もあってか国産がどんどんと少なくなっているようですが「昔はよく見たのに・・・」と思っていたオナモミ。

実は既にそれは「オオオナモミ」だった可能性もあります。

環境庁
http://www.env.go.jp/nature/intro/1outline/caution/list_sho.html#41

日本のレッドデータ
http://www.jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06040454979


ー絶滅している地域

ちなみに絶滅している地域は

東京都・三重県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・高知県となっております。恐らく見かけるオナモミはオオオナモミであると考えられます。


ーネットの反応

・ くっつき虫ってオナモミっていうんだワロタ
・ 小さい時よく女の子に投げてました。今なげたら捕まります。
・ オナモミって絶滅危惧種なのか
・ 子供の頃は毛糸もの来せられてたから取るの大変だったんだよなあ
・ 言われてみると最近見かけなくなったような。
・ そういえば見なくなった。
・ 俺が見てきたのはもしかしてオオオナモミさんだったのか??
・ オナモミって絶滅危惧種なんか
・ これが「ひっつき虫」と呼ばれていたこと、さらに正しい名前は「オナモミ」ということ、今までまったく知らなかった。
・ オナモミさん消えるのか…
・ オナモミがレッドリスト入りか。
・ な、なんだって~Ω ΩΩ
・ 西洋タンポポみたい話だな
・ オナモミって割と前から危惧種になってるよね
・ オナモミか。卑猥な名前だよな。

(ライター:Take)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング