ハンバーグの祭典「ゆく年くる年バーグ大忘年会」で肉汁に溺死しそうになった

秒刊SUNDAY / 2014年12月21日 13時24分

写真

ハンバーグの祭典「ゆく年くる年バーグ大忘年会」で肉汁に溺死しそうになった



12月13日に赤坂「俺のハンバーグ山本」で開催された「ゆく年くる年バーグ大忘年会」。聞くと日本ハンバーグ協会プロデュースの珠玉のハンバーグ達を解説付きで楽しめるイベントらしい。「珠玉のハンバーグってなんぞ?」と思いつつ、そのキャッチーな売り文句に誘われ参加してきました。

今回のイベントは続々とでてくる様々なコンセプトのハンバーグを食べつつ、ハンバーグをより美味しく食べるための食べ方も一緒にレクチャーしてくれるというもの。冒頭の写真のようにその年の干支にちなんだ「馬肉ハンバーグ」や「羊肉ハンバーグ」なんてものもあり、聞いて楽しい食べて美味しいハンバーグ巡りだった。




ー常識に囚われないハンバーグ協会一押しの「ハンバーグ鍋」

ハンバーグ、と聞くとデミグラスソース付きの姿を連想しがちだが、今回のバーグ大忘年会では「ハンバーグ鍋」という色物も登場。"つみれ"の代わりに入ったハンバーグは水菜と共に辛味の効いたスープに入って登場し、「予め焼いてあるハンバーグをなんで鍋に・・・」と疑問に思っていた私を良い具合に裏切ってくれた。どちらかというと鍋より「スープハンバーグ」といった味わいで「確かにこれはこれでアリ」と感心してしまう美味っぷり。お店で出したら絶対流行りそうだ。




ー「ハンバーグサンド」という新進気鋭のビッグウェーブ

後半には、ハンバーグをサンドしたハンバーガーも登場。「ハンバーグサンド」と聞くとどこかで聞いた覚えがあり(参照記事)「ぶっちゃけどっちが旨いのか」と期待するところ大である。
実際のところは玉ねぎなどの繋ぎが沢山入った今回のハンバーガーの方がジューシー感では上回るものの、ソースのバリエーションに富むモスも捨てがたい。

「ハンバーグサンドとハンバーガーって一緒でしょ?」と考えてる人は今すぐモスバーガーで「とびきりハンバーグサンド」を食べてみれば分かるはず。とにかくこのジャンルはどれも驚異的にウマいのだ。



ーハンバーグ界のアイドル熊「ハンバーグマのグーグー」

今回のイベントではハンバーグマのグーグーも登場。業界ではハンバーグの妖精として一躍人気らしく、来場していたお客さんの中にも熱狂なファンが大勢いた。イベント終了後の撮影会でも長蛇の列を成し、その人気ぶりが窺えた。 一説によると「某妖怪アニメの後枠を虎視眈々と狙っている」という話もあり、温厚そうに見えて実際かなりやり手の熊のようだ。気になる方は彼の動向も併せてウォッチしよう。


昨年発足した日本ハンバーグ協会ではこうしたイベントを開催するのは「今回が初めて」とのこと。今後もこういった形でハンバーグの普及に努めていきたいという会長のお言葉通り、今後もさまざまな切り口のハンバーグを世に広めてほしい。
(一社)日本ハンバーグ協会 http://hb-googoo.com/index.html
ハンバーグマのグーグーオフィシャルサイト
http://hb-googoo.com/

(秒刊ライター:オダツカナ)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング