【悲報】6000万の宝くじが誤植で「無効」となるトラブルが発生!

秒刊SUNDAY / 2015年1月6日 11時1分

写真

【悲報】6000万の宝くじが誤植で「無効」となるトラブルが発生!



幸運なのか不幸なのかよく分からない男性がネット上で話題になっている。
アメリカのニューメキシコ州ロズウェル在住のジョン・ワインズ氏は、2014年の年末にガソリンスタンドでスクラッチタイプの宝くじを購入した。その結果、なんと50万ドル(およそ6000万円)という特賞に当選していることが判明した。
しかし、当選金を受け取る手続きを行おうとすると、そのスクラッチくじの当選番号表示が"誤植"であったことが判明。哀れ、手にしたはずの夢の高額当選金を取り消されてしまう結果になってしまったという。


スクラッチくじには複数の当選番号と当選金が設定されており、同時に当選すれば各々の当選金が加算される仕組みになっている。ジョン氏が宝くじのスクラッチを削ると、驚くべきことにそのくじは5種類もの同時当選を果たしていた。当選金の合計額は50万ドル以上。ジョン氏は有頂天になった。

ところが、そのガソリンスタンドで販売されているスクラッチくじは払戻金の上限が25万ドル(およそ3000万円)に設定されており、当選額が50万ドルを超えることは絶対にありえないタイプの物であった。

担当者が調査したところ、くじの印刷機器に不具合があったことが判明した。確かにジョン氏のスクラッチくじをよく見ると、当選番号の表示が一部かすれていることが分かる。

その結果、誤植と認定されたジョン氏のスクラッチくじの当選金は無効。宝くじ会社からは、お詫びの言葉と共に弁済として100ドル(およそ1万2000円)のみが支払われることになった。

当然ジョン氏はこの結果に不服を申し立てた。「50ドルや75ドル程度の当選金だったら私だって気にしないさ。しかし、50万ドルとなれば話は別だ。」とジョン氏は息巻く。

ジョン氏はすでに退職している身の上であり、宝くじの当選額が彼の余生を大きく左右することは間違いない。はたして彼は幻の当選金を手にすることができるのだろうか。


―海外の反応

・ツイてるようでツイてないような話だな。
・宝くじの当選金を逃した上にニュースで晒し者にされてるんだからダメージは2倍だよ。
・俺も似たような経験したことあるよ。スロットマシーンで大当たりした時に、機械の誤作動だって言われて取り消されたんだ。その代わり、カジノからホテルの宿泊料金を無料にしてもらったけどね。
・俺だったらすぐに弁護士を雇って法廷闘争に持ち込むぜ。
・残念だけど明らかに誤植だね。
・1の隣の数字は3か8に見えるね。当選番号じゃないから彼に勝ち目はないよ。
・かわいそうだから、上限25万ドルで手打ちでいいんじゃないの?
・同情はするけど、金に固執する人間の姿は醜いな。
・さっさと矛を収めて幸せになってほしいね。
・ロズウェルか…。今度は運よく宇宙人に誘拐される体験ができるといいね。

掲載元
http://www.reddit.com/2rfpq0/

(ライター:sha-la-ku)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング