【衝撃的事実】オリンピックの金メダル実は「銀メダル!」で価格は6万円。

秒刊SUNDAY / 2016年8月17日 11時33分

写真

【衝撃的事実】オリンピックの金メダル実は「銀メダル!」で価格は6万円。



日本人のメダルラッシュには眼を見張るものがあるわけですが、やはり次回オリンピックを自国に控えているというだけあり、リオだけでは終わらせないぞという気持ちやモチベーションに繋がるのかもしれませんね。その勲章とも言えるべきモノがいわゆる「メダル」ということですがその中で最も栄誉な金メダルは実は金メダルじゃないんです。

さてそんなオリンピックで最大の栄誉といえば「金メダル」ですが、これいくらすると思いますでしょうか。そりゃ、世界NO1という勲章友言えるべき賞。とんでもない金額になるかと思うのかもしれませんが、実はこの金メダルそこまで大した金額ではないのです。言っても20万・30万はするんでしょう・・・と思うのかもしれませんが実は・・・

6万円ぐらいです。(587ドル)




そんなバカな!金メダルが6万円なわけがない!とおもうでしょうけど、これ更に驚くべきことに「金メダル」は金メダルじゃなく99%銀メダルで1%金メダルなんです。

つまり金メダルはほぼ「銀メダル」ということです。
しかしかつては実際に金メダルだったようで、1912年スウェーデンのトックホルムオリンピックまでは金メダルだったようです。

ただ、莫大なコストと開催地の負担が大きくなるので、銀メダルとなったようですが、もらえるのは銀メダルだとしても実際の価値はそんなもんじゃないでしょうね。


ちなみにロンドンでの比率はこんな感じです。



掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-3742729/Why-gold-isn-t-worth-think-Medals-cost-587-haven-t-pure-gold-1912.html

(秒刊ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング