伝説の剣「エクスカリバー」台座から抜き去られる。窃盗の疑い。

秒刊SUNDAY / 2017年10月19日 16時56分

写真

伝説の剣「エクスカリバー」台座から抜き去られる。窃盗の疑い。


ネッシーとともに人気の高い伝説として、イングランド南西端にあるコーンウォールの湖に沈めたとされる伝説の剣「エクスカリバー」ですが、実際に存在したかどうかはまだ明らかになっておりません。しかし、その人気の高さゆえ「ニセモノ」も多く存在し毎回発見されるたびにニュースになっております。しかし今回は「無くなった!」というとんでもないニュースなのです。
ーエクスカリバーとは



エクスカリバーとは、5世紀後半から6世紀初めのブリトン人の君主「アーサー王」がカムランの戦いで湖に沈めたと言われている伝説の剣です。実際にその剣が発見されたかどうかは分かっていないのですが、現地では度々その剣のようなものが目撃されております。

そんななか、そのような伝説にあやかり、石に刺さったエクスカリバーのモニュメントがブレコン・ビーコンズ国立公園内のランゴース湖畔に飾られておりました。


(※GoogleMAPより)

が、しかし最近この「エクスカリバー」のモニュメントが抜き去られていたことが明らかになったようです。本物ではないにしろ、地元の観光スポットにもなっているはずなのでこれは一大事です。ブレコン・ビーコンズ国立公園局は困惑しており、早く剣を返してほしいとのことです。

剣は鍛冶屋に特別に作ってもらったもので数百ポンド(数万円)もかかっているとのことです。再び製造することも出来ますが、また盗まれる可能性もありますし、新しくすればいいというわけではありません。盗まれたのは剣とともに元民の「大切な思い出」も盗んでいったのです。窃盗どころの話では済みません。

この近くでは少女がエクスカリバーを発見するなど、剣に関する話題が多く


それだけこの伝説に関する人気の高さを伺わせます。
早くエクスカリバーがこの台座に収められ治すことを願いたいところですが、犯人は一体どのようにして抜いていったのでしょう。

画像掲載元:Flicker / GoogleMAP

掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4995800/Excalibur-pulled-lakeside-stone.html

(秒刊サンデー:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング