【京都】旬の果物ぎっしりの極上フルーツサンド!「市川屋珈琲」

TABIZINE / 2019年3月1日 12時0分

tabizine.jp

240283-05

ふんわりしたパン、濃厚な生クリーム、みずみずしいフルーツが幸せのハーモニーを奏でる「フルーツサンド」。喫茶文化が根付く京都には、フルーツサンドが名物のお店も充実しているんですよ。今回は、旬の果物が詰まった断面が美しすぎる「市川屋珈琲」のフルーツサンドをご紹介しましょう。
情緒に包まれる珈琲店
240283-01

京都市東山区、静かな住宅街の一角に佇む「市川屋珈琲」。築200年の町家を改装した自家焙煎コーヒーを提供するお店です。

240283-02

店内は木素材がふんだんに使われた温もりある雰囲気。京都らしい情緒とモダンな感性が見事に調和。窓から柔らかな朝日が差し込む空間は、リラックス気分を一層高めてくれます。

240283-03

「市川屋のアイスコーヒー/500円」。自家焙煎された豆から水出しされたアイスコーヒーは、しっかりしたコクとまろやかな口当たりが特徴。どんなお料理にも合いそうです。ホットは「市川屋」「青磁」「馬町」というオリジナルブレンドを用意。
心奪われる、美しすぎる断面
240283-04

「季節のフルーツサンド/980円」。フルーツサンドにはその時期の一番美味しい果物を使用するのだそう。筆者が訪問した時はナガノパープルとシャインマスカットでした。

240283-05

思わずうっとりしてしまうほどの美しい断面!みずみずしい2種の葡萄がまろやかな生クリームと見事にマッチ。食パンのふんわり&しっとり感も絶妙で、口溶けも抜群。幸せすぎる極上の味わいでした。
京都らしさ溢れるミックスサンドも!
240283-06

フルーツサンドだけでなく食事系サンドもハイクオリティ。「野菜とハムのミックスサンド/900円」は玉子、ハム、トマトに壬生菜漬がサンド。京都らしさたっぷりの逸品です。

240283-07

フルーツサンド同様、惚れ惚れしてしまう断面。壬生菜漬の香りと食感がアクセントに。全ての素材の旨みが重なり合って至福のハーモニーを奏でていました。

240283-08

店内では自家焙煎されたオリジナルブレンドの豆の販売も。気に入ったコーヒーを自宅でも楽しめますよ。友人や家族へのお土産にもピッタリ!

「市川屋珈琲」は清水寺や三十三間堂からも歩いて立ち寄れるロケーション。次の京都旅では情緒に包まれる空間で、贅沢な味わいを堪能してみてはいかがでしょうか?
 
市川屋珈琲
住所:京都府京都市東山区 渋谷通東大路西入鐘鋳町396-2
TEL:075-748-1354
営業時間:9:00~18:00
https://www.facebook.com/ichikawayacoffee/?fref=ts


[All photos by Nao]
Do not use images without permission.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング