プラハで時間の流れを感じる修道院に泊まりcafeを巡る

TABIZINE / 2019年3月24日 15時0分

tabizine.jp

修道院

修道院をホステルに。「Dominician Priory」

修道院2

プラハ中心部にモダンにリノベーションされた修道院があります。白くとてもシンプルな内観です。光の具合によって色んな表情を見せます。修道院の一部はホステルになっており、安い価格で泊まることができます。

お部屋は清潔で質素、そしてシンプルでモダンで新しい。プラハの中心部にありますが部屋の中は静寂に包まれ、真っ白な壁がその静寂をより一層感じさせてくれるような雰囲気です。

アート作品

1階ではアーティストの展示が度々行われています。 筆者が訪れた時に行われていたドイツ出身Christian Helwingのアート作品は、この修道院のモダンな雰囲気にとても合っていました。

修道院の歴史ある建物の中に新しい現代のプラハを感じることができる、新旧が融合した場所です。

修道院3

Dominican Priory
住所
Husova 8, 110 00 Praha 1 – Staré Město Czech Republic
Contact:
host.praha@op.cz
tel.: +420 / 601 559 266
https://hostel.op.cz/en.html



修道院すぐ近くには有名な老舗カフェ「cafe louvre」

cafelouvre1

フランツ・カフカ、アインシュタインも通ったと言われる1902年創業の老舗カフェ。店内は古き良き時代のチェコを感じさせてくれるお洒落で上品な雰囲気です。

チェコ料理、パンケーキやケーキ、コーヒー・・・沢山の種類のメニューが並びます。華やかな雰囲気のこの場所はいつも多くの人で賑わいます。大人気のcafeなのでどの時間帯に訪れても少し待つことになるかもしれません。

朝食

朝食メニューもとても充実しています。チェコ名物ビールがついた朝食メニューもありました。筆者が頼んだのは、パンケーキにサーモンがのっているもの。小さく可愛いらしい盛り付けでした。

夕食

夜に訪れた時にはソーセージとジャガイモのサラダを注文しました。ソーセージは揚げ焼きでハーブが効いており、とても柔らかく上品な味わい。付け合わせのジャガイモは少し酸っぱい味つけ。そして一緒にいただいたBernardの黒ビールはあっさりとしていて料理によく合いました。

どの時間帯に行っても人で賑わい、昔のプラハにタイムスリップしたかのような気分にさせてくれる場所、「cafe louvre」です。
 
cafe louvre
Národní 22, 110 00 Nové Město, Prague,Czech Republic
平日 8:00- 23:30
土、日曜日 9:00-23:30
電話 +420 224 930 949

https://www.cafelouvre.cz



自由な雰囲気の漂う「Café Jericho Literary」

Jericho

「cafe louvre」から少し歩いた場所に「Café Jericho Literary」があります。こちらはカジュアルな雰囲気のcafeバーで、美味しいコーヒー、もちろん朝からビールを楽しむ人もチェコでは見られます。パソコンで仕事をする人、友人と会話を楽しむ人・・・自由なくつろげる雰囲気のcafeです。アーティストの絵が並び、ここから新しい文化が生まれるような雰囲気もあります。

cafe Jericho literally
Opatovická 154/26, 110 00 Nové Město, チェコ
営業時間 平日10:00-1:00
土、日曜日 15:00-1:00
電話: +420 739 393 777
http://www.cafejericho.cz



cafe
Cafeという場所は今も昔も人々の交流の場です。芸術作品が生まれたり、人との出会いがあったり、アイデアが生まれたりする街の文化において、とても大事な場所です。

プラハは古さと新しさの混在する面白い街
プラハは古い町並みが残る美しい街、しかしモダンな空気もあり、その組み合わせがとても面白い場所です。そこには、新旧の時の流れを感じることができる美しさがあります。


[All Photos by Saki Goda]
Do not use images without permission.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング