台湾人と日本人のラーメンの感覚の違い

TABIZINE / 2019年3月24日 16時0分

tabizine.jp

一風堂ラーメン

今回は、台湾人と日本人のラーメンの感覚の違いについて書いてみたいと思います。

日本のラーメンは台湾にすっかり定着しています。台湾人も日本のラーメンが好きな方が多いです。人気のラーメン屋さんは、お食事時には行列ができています。


台湾人的には日本のラーメンは塩辛い?
一風堂の美味しいラーメン

台湾には日本のラーメン店も出尽くした感があるほど、たくさんの日系ラーメン店があります。台北では、もはや日本と同じレベルのラーメンを食べられるようになりました。北海道ラーメンから九州ラーメンまでよりどりみどりです。

台湾人は日本のラーメンを食べると、「塩辛い」と言います。そう。台湾の麺類のスープは薄味が多いからです。たまに牛肉麺などは唐辛子辛く、塩も辛いものもありますが。

ですから、日本人が台湾の麺類を食べると、塩味が薄いと感じるようです。対して、日本のラーメン屋やうどん屋、蕎麦屋も台湾人は塩辛いと思うようです。


日本のラーメンは台湾では高級食品?
 客席に仕切りはない

日本からきたラーメン屋の人気店の「一風堂」に久しぶりに入ってみました。台北駅二階の微風フードコートの店舗です。

ラーメンは高級品

日本の有名なラーメン店のラーメンは、台湾の普通の麺類、例えばワンタン麺などの2倍くらいの価格です。日本からきたラーメンは、だいたい300元前後します。台湾の麺類のお値段と比べるとかなり割高感がありますね。

それでも台湾人は日本のラーメンが大好き

台湾人は塩辛いとか、高すぎるとか文句を言いながらも、実は日本のラーメンが大好きで食べに行っています。

でも台湾では麺類を音を立ててすするのはNGです。チュルチュル、ずるずる音を立てながら食べるラーメンは美味しさが増すような気がしますが、台湾ではそれは恥ずかしいこと。そういう文化、習慣ですので日本とはちょっと違います。


さて、一風堂のランチセットでプリンをオーダーしてみましたが、一風変わったアールグレイ味のプリンでした。

こちらがその変わり種プリンです。

アールグレイプリン

台湾あるあるのお話でした。
 
一風堂 台北駅店
ウェブサイトはこちら
住所:100台北市中正區北平西路3號
電話:02 2370 9222
時間10:00-22:00

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング