婚活男女の結婚に対するお金の本音。男性は婚約指輪重視、女性は・・・?

TABIZINE / 2019年4月30日 7時30分

tabizine.jp

256608-01

時代によって結婚式のスタイルが変化し、ジミ婚やリゾ婚、フォト婚にソーシャル婚など、いろいろ言葉が生まれています。事実婚という選択肢も珍しくない時代、結婚生活自体もさまざまなスタイルに。結婚相談所のアニバーサリーパートナー青山が行ったアンケート結果によると、現在婚活中の独身男女で結婚に関係するお金に関して、意識の差があることが分かりました。婚活時に、知りたくてもなかなか踏み込めないお金の事情。それぞれの項目の男女別集計を紹介します。

アンケートは、高収入高学歴に特化した結婚相談所「アニバーサリーパートナー青山」によって、2019年4月1日から4月5日に実施されました。
調査対象者は、同社の男性会員(年収600万以上28歳から49歳)と女性会員(23歳から49歳)合計52名です。

男性の方が高め?婚約指輪・結婚指輪の予算
256608-02

「婚約指輪にいくらかけたいか」という質問に対して、50万円以上と回答した男性が33.3%だったのに対し、女性は23.7%。女性の回答では27.5%が30~50万円、さらに30万円以下という回答が約半数(48.2%)という結果となりました。男性の方が婚約指輪に対して予算を高く考えている傾向がみられます。

結婚指輪の予算に関しては男女間であまり差がなく、2人分で60万円以下という回答が男性で76%、女性は81.4%に。60万円以上との回答が男性24%、女性18.5%という結果でした。

男性はジミ婚派?結婚式の予算について
256608-004

「結婚式にいくらかけたいですか?」という質問に関しては、男女ともに100~300万円という回答が一番多く、男性で61.5%女性が41.7%でした。300万円以上と回答したのが男性11.5%だったのに対し、女性は37.5%という結果に。女性の方が、結婚式を重要視しているようです。

新婚旅行に予算をかけたいのは女性が顕著に。新婚旅行の予算について
256608-04

新婚旅行の予算をみると、男性で一番多かった回答は30~50万円(32%)に対し、女性の同じ予算に対する回答は16.7%。反対に、女性の半数が70万円以上と回答しているのに対し、男性の同じ予算に対する回答は40%でした。女性の方が新婚旅行に対する予算も高いようです。

結婚後の生活費は、男女とも同じ価値観傾向に
256608-05

最後に「結婚後の生活費について」、選択肢4つの中で男女とも一番多かった回答が「共有財布と個々の財布を分ける」という回答で男性69.2%、女性65.4%という結果に。その他「財布を共有」は男性15.4%女性26.9%、「項目別に負担する担当を分ける」は男性15.4%女性19.2%、「全額一方が負担」は男女とも3.8%のみでした。
アンケートを行ったアニバーサリー企画によると、「共働き志向が強い時代で結婚後生活費の分担は男女共に意識が似ており、共有財産と個々の財布を分けるのが主流」という傾向があるようです。


婚活している独身男性にとって、婚約指輪に対する予算が高かったのに対し、女性は結婚式と新婚旅行に費用をかける傾向があることがわかります。基本的にプロポーズは男性が女性に贈るものなので、男性がより重要視する勝負どころという事かもしれません。結婚前の価値観に差があるものの、結婚後の生活費に関しては男女とも同じようなスタイルを望む傾向にあるようです。現代の社会背景を反映するようなアンケート結果となりました。

[アニバーサリーパートナー青山公式サイト]

参考
[value-press.com]

[all photos by shutterstock.com]
Please do not use the photos without permission.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング