夏の風物詩!東京都内で絶対に見逃せない「夏祭り」5選【8月の絶景】

TABIZINE / 2019年8月3日 15時0分

tabizine.jp

東京 祭りの絶景
写真提供: 公益財団法人 東京観光財団 

日本の夏を彩る夏祭り。東京でも、多くの夏祭りが本番。江戸の粋を感じるもの、商店街主催のもの、盆踊り、花火などそれぞれが、夏のエネルギーで輝いています。

美しい東京の夏祭りは、今しか見ることが出来ません。ひとつひとつの動きが、絶景といえる夏祭り。今夏に見逃さないように、一緒に出かけませんか。

見上げてそぞろ歩く 阿佐ヶ谷七夕祭り
阿佐ヶ谷七夕祭り
写真提供: 公益財団法人 東京観光財団 

戦後の混乱が続くクーラーがない暑い盛りの8月に、集客をしようと昭和29年から開催された「阿佐ヶ谷七夕祭り」。先行していた仙台や平塚のクス玉や吹流しの飾りを模したイベントですが、回を重ねるうちに、代表的な東京の夏祭りのひとつになりました。アーケードなので、天気に左右されないのが嬉しいポイント。隣の高円寺駅では、やはり商店街を利用した「高円寺阿波躍り」が8月末に行われます。

阿佐ヶ谷七夕祭り
【開催日時】 2019年8月3日(土)〜8月7日(水) 10:00~22:00
【開催場所】 JR阿佐ヶ谷駅周辺8商店会
【入場料金】 無料
【公式サイト】 http://www.asagaya.or.jp

https://youtu.be/4qmuc3E0LXc
東京の夏の風物詩 阿佐ヶ谷七夕まつり/SankeiNews



都会の花火 2019 神宮外苑花火大会
神宮外苑花火大会
写真提供: 公益財団法人 東京観光財団 

東京3大花火大会のひとつ、「神宮外苑花火大会」。 明治神宮鎮座60年記念のイベントとして1980年に行われて以降、毎年100万人近くの人出で賑わいます。花火の打上総数は、10,000発。他の花火大会と異なるのは、アーティストのライブが行われること。2019年の出演予定は、ゴールデンボンバー、倖田來未、MAXなど。

2019 神宮外苑花火大会
【開催日時】 2019年8月10日(土)19:30〜20:30
【開催場所】 〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町1−1
【打上総数】 10,000発
【入場料金】 有料
【公式サイト】 http://www.jinguhanabi.com



水掛けで清めよう 深川八幡祭り
深川八幡祭り
写真提供: 公益財団法人 東京観光財団 

お盆頃に行われる富岡八幡宮の例祭は、「深川八幡祭り」とも呼ばれ、「江戸三大祭」の一つ。「わっしょい」の掛け声と共に、沿道観衆からバケツや、消防団の放水で水をかける「水掛け祭」としても知られています。水かけは、お清めの他、担ぎ手の熱中症予防の意味合いもあるようですよ。永代橋を渡り切ったところから始まる豪快な水かけが始まると、担ぎ手と観衆が一体となってわっと盛り上がります。濡れても良い格好で参加して、夏の祭りを堪能しましょう。2019年は陰祭りで子供が中心、3年に一度の本祭りは2020年予定。

深川八幡祭り
【開催日時】 2019年8月11日(日)〜8月15日(木)日により異なる
【開催場所】 〒135-0047 東京都江東区富岡1丁目20−3
【入場料金】 無料
【公式サイト】 http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

https://youtu.be/3QJrbd4FRHs
[4K]深川八幡祭り Water Throwing Festival In Tokyo 東京観光 富岡八幡宮 例大祭 水かけ祭り/Discover Nippon



夏限定のダンスといえば 日比谷公園 丸の内音頭大盆踊り大会
日比谷公園 丸の内音頭大盆踊り大会
写真提供: 公益財団法人 東京観光財団 

例年4万人の来場者が集まる、都内最大級の盆踊り大会。丸の内や日比谷に勤める会社員・外国人旅行者などが共に、大噴水を中心に踊りの輪を作り、「丸の内音頭」に合わせて踊ります。丸の内音頭とは、盆踊りの定番「東京音頭」の原曲となったもの。涼しい噴水の周りで、あなたも久しぶりに盆踊りを踊ってみませんか。クラブにはいつでも行けるけれど、盆踊りは夏しか踊れませんよ。屋台も出店するので、踊った後はお腹も満たせます。

日比谷公園 丸の内音頭大盆踊り大会
【開催日時】 2019年8月23日(金)・24日(土)小雨決行18:00~21:00
【開催場所】 千代田区日比谷公園大噴水周辺特設会場
【入場料金】 無料
【公式サイト】 https://visit-chiyoda.tokyo

https://youtu.be/dwZMC9Ismhw
Visit Chiyoda「丸の内音頭大盆踊り大会」/VISIT CHIYODA 千代田区観光協会



エネルギッシュな夏の終わり 高円寺阿波踊り
高円寺阿波踊り
写真提供: 公益財団法人 東京観光財団 

60年以上の歴史を持つ「高円寺阿波おどり」は、本家「徳島市阿波おどり」に次ぐ大会規模で、東日本最大の阿波おどり大会。2019年は165連(阿波おどりのグループ)が参加して、高円寺の夜が盛り上がります。夏の終わりは阿波おどりを眺めて、行く夏の余韻を楽しみたいですね。残念ながら、2019年は飛び入り参加はないそうです。

高円寺阿波踊り
【開催日時】 2019年8月24日(土)・25日(日)19:00〜20:00
【開催場所】 JR「高円寺」駅、東京メトロ・丸ノ内線「新高円寺」駅周辺商店街及び高南通りの8演舞場
【入場料金】 無料
【公式サイト】 http://www.koenji-awaodori.com

https://youtu.be/6R_aMqxkObA
東京高円寺阿波おどり/attJAPAN



いずれも美しい、東京都の夏祭り。祭りの高揚感、そして祭りの終わった後の取り残されたような淋しさ。いずれも夏だからめぐり逢う、心の絶景です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング