究極の輝きと喉越しに超感動!水沢うどんの元祖「田丸屋」を実食ルポ【群馬県】

TABIZINE / 2019年10月14日 10時0分

tabizine.jp

讃岐うどん、稲庭うどんと並んで日本三大うどんの一つとされる「水沢うどん」。その昔、水澤寺の参拝客に振る舞われたのがはじまりと言われ、現在でも多くの店が軒を連ねています。今回はそんな歴史ある水沢うどんの中でも“元祖”とも称される「田丸屋」を現地ルポ!


日本屈指のうどん街道!

1kmほどの坂道に10軒以上のうどん専門店が連なる「水沢うどん街道」。「うどん」と書かれた看板がとにかく目立ちます!日本全国数々の名物はあれど、ここまで専門店が集結するのはかなり稀有な光景ではないでしょうか。

創業は天正10年という老舗「田丸屋」

お腹が膨れがちなうどん。そう何軒も回れるものではありません。今回は悩みに悩んだ結果、水沢うどんの元祖とも名高い「田丸屋」へ訪問することに。

創業は、かの本能寺の変が起こった天正10年。古くから水沢うどんの大本家として暖簾を守ってきたのだとか。


外観の印象よりも店内はかなり広々。テーブル席、お座敷席、個室合わせて200席もあるのだそう。テーブル席は天井も高く開放感たっぷり。お一人さま、カップル、家族連れ、外国人旅行者と客層もさまざま。

胡麻つゆ、醤油つゆ。どちらも堪能できます

もりうどんは普通サイズだけでなく小盛り、大盛りも用意。つゆは胡麻と醤油から選べます(両方も可)。


セットメニューもありましたが、好きなものを好きなだけ食したく「小盛うどん(二食つゆ) 900円・税別」「天ぷらの合わせ盛り 600円・税別」「和豚もちぶたの角煮 800円・税別」をオーダー。

弾力、コシ、のど越し。全てが最強レベル!

思わずため息が出てしまうほどの輝きを放つうどん!厳選した国産小麦粉と水沢の水、天然塩から作られるのだそう。


まずはうどんを胡麻つゆから食してみましょう。うどんはお箸で持った瞬間からその力強い弾力を体感。しなやかさがありながらコシも強いという最強のバランスです。

噛みしめるたびにしっかりしたコシが感じられ、つるっとした喉越しは究極そのもの。胡麻の香ばしさと甘味が際立つつゆとも至福のハーモニーに!


続いて醤油つゆ。利尻昆布、羅臼昆布などの昆布や鰹節、鮪節から作られるというつゆはやや薄めの色。それでいて奥行きのある旨味が凝縮され、うどんとの相性も抜群!

うどんを一層美味しく引き立てる天ぷら

カラッと揚げられた野菜のかき揚げ。玉ねぎのシャキッとした食感も程よく残り絶妙な揚げ具合。


香ばしい香りがたまらない舞茸天ぷら。舞茸は風味高く、コリコリとした歯ごたえが秀逸。都内スーパーのものとは一線を画する美味しさです!

肉好きは必食!旨味と柔らかさが半端ない角煮

実は店選びの重要なカギとなったのがこの角煮。群馬県の名産品でもある和豚もちぶたを角煮にしているあたりで、肉マニアとしてはもう惹きつけられてしまうわけで...。

おそらく長時間煮込まれたと思われる角煮はトロットロ。お箸で簡単に身をほぐせるほど柔らか。脂身もクセが全くなく旨味がたっぷり。比較的あっさりめの味付けなので豚肉の美味しさを心ゆくまで堪能できる逸品でしたよ。

古くからの伝統と技法が光るうどんをはじめ、絶品の角煮や天ぷらと多幸感に包まれること間違いなしの「田丸屋」。

伊香保温泉を旅した時にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

田丸屋
住所:群馬県渋川市伊香保町水沢206-1
電話番号:0279-72-3019
営業時間:9:00〜15:30 
*売り切れ次第終了
定休日:なし(臨時休業を除く)
HP:http://www7a.biglobe.ne.jp/~tamaruya/index.html



[All photos by Nao]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング