【オーラが映る洞窟】ハワイ最強パワースポット、マウナラニ

TABIZINE / 2015年6月8日 16時0分

tabizine.jp

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

力強い、大地の力がみなぎる場所、セドナ。優しい、人々の祈りが集まる場所、ルルド。そして、凛とした、地球の鼓動が感じられる場所、ハワイ島。

「天国に手が届く丘」ハワイの最強パワースポット大公開!!

今回のハワイ島で、世界3大パワースポットと呼ばれている場所、全てを訪れたことになります。

ハワイ島の中でも、最もパワーが強いと言われているのが、古代王族の保養地として大切にされてきた場所、マウナラニ。ハワイ語で、「天国に手が届く丘」。

「天国に手が届く丘」ハワイの最強パワースポット大公開!!

「コハラ・マウンテン」「マウナケア」「マウナロア」「フアラライ」「ハレアカラ(マウイ島)」、5つの火山のほぼ中心に位置している場所なのだそう。

「天国に手が届く丘」ハワイの最強パワースポット大公開!!

敷地内には、王族が所有していたフィッシュポンド(養殖池)。もっとも強いマナ(神聖な力)が宿ると言われているスポット。

「天国に手が届く丘」ハワイの最強パワースポット大公開!!

ふーっと深呼吸しながら、穏やかな水面を眺めていると、ふわふわ気持ちよい風が、吹き抜けていきます。何もしないまま、ずっとここにいたいと思える、居心地の良い場所。

そして、マウナラニには、オーラが映る、という噂の不思議な洞窟も。

「天国に手が届く丘」ハワイの最強パワースポット大公開!!

同じ場所に立ってみても、立つ人によって、色や光の放ち方が異なる。薄いピンク、白、淡いブルー。ほわんと丸く光る人、放射状に光る人。いろいろ。

セドナでは神々しさを、ルルドでは荘厳さを、そしてここハワイ島では、神聖さを。パワースポットと一括りに言っても、それぞれの場所に流れている空気は、全く異なるもの。

けれど、ひとつだけ、3つの場所に通じるものがありました。それは、「守られているような安心感」。

「天国に手が届く丘」ハワイの最強パワースポット大公開!!

パワースポットって、もっとギラギラしていて、そこに立っているだけでパワーに包まれるような場所だと思っていたけれど、実際に立ってみると、ああ何だかとても気持ち良いなと、自ずと肩の力が抜けていくような感じ。

私にとってのパワースポットは、外から元気を貰う場所ではなく、自分の中から元気がわき出てくるような、そんな優しい場所でした。

「天国に手が届く丘」ハワイの最強パワースポット大公開!!

「ハワイ島には、何もない。」
何度も、耳にしたこの言葉。

マウナケアに、キラウェア、イルカにクジラ。レトロなコナの町。元々観たいと思っていた、ハワイ島の有名なものは、どれも想像以上に美しく、訪れてから知って、好きになったものも、たくさんあって。

おしりの形をした可愛い丘、

「天国に手が届く丘」ハワイの最強パワースポット大公開!!

たくさん出会えた、ホヌ(海亀)。

「天国に手が届く丘」ハワイの最強パワースポット大公開!!

こんなに、たくさんのものがあるのにな、と思っていました。

ガイドブックに載るタイプの観光資源は、そんなに多くないのかもしれない。けれど、訪れる人の持つ感受性や直感、アンテナと、島の持つ素朴で美しいものが、ピタッと一致したとき、とんでもなく素晴らしいものが詰まった、宝箱にように感じられる島だと、私は思います。

人と人との相性みたいに。

「天国に手が届く丘」ハワイの最強パワースポット大公開!!

私が出会ったハワイの人たちは、「また、遊びにおいで。」とは言いませんでした。

「また、帰っておいで。」

それは、日本語でも、英語でも。帰りの空港で、一言交わしただけの、売店のおばちゃんでさえも。この言葉に、ハワイの人たちの、包み込むような優しさが、ギュッと詰まっているような気がします。

奇跡のような一週間が終わり、ハワイ島は、私の中で、心から愛する場所になりました。


[寄稿者:みずたま]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/mizutama/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング