1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

【台湾おすすめグルメ】豚の角煮が必食のMRT中山駅すぐ「霸焢肉」を実食レポ

TABIZINE / 2021年10月18日 21時0分

tabizine.jp

豚の角煮がのったご飯「焢肉飯(コンロウファン)」は、台湾定番グルメのひとつ。特にお弁当屋さんでは定番のメイン料理です。今回ランチで訪れた台北MRT中山駅から徒歩約2分と近くの「霸焢肉(バーコンロウ)」は、豚角煮がのった丼が看板料理。中山駅周辺は百貨店が建ち並ぶにぎやかなエリアですが、リーズナブルで簡単に食事をとりたいときにぴったりなお店です。
豚の角煮丼
台北MRT中山駅近くでリーズナブルにランチを
新光三越

台北MRT中山駅周辺は、数々の百貨店やショップが建ち並ぶにぎやかなエリアです。今回訪れた「霸焢肉(バーコンロウ)」は、駅前の百貨店・新光三越の横にある細い通りを入ったところにあります。

霸焢肉

一見すると小さなお店なのですが、中に入ると広々としています。清潔感があり、ゆっくりと食事を楽しめる雰囲気です。
看板メニューは豚角煮丼!豚足も人気
メニュー

イートインの場合はまず席に着き、注文票に記入します。にぎやかなエリアにあるお店でありながらも、メイン料理は、ほとんどが90〜120元(約360〜480円)の間とリーズナブル。テーブルには料理の写真が貼られているので、言語がわからなくても注文がしやすいです。

看板メニューは豚角煮丼・焢肉飯(コンロウファン)で、豚足のセット・豬腳飯(ジュージャオファン)も人気です。どのメニューも、主食はご飯ではなく麺に変えることもできます。

スープはサービス

店内には、サービスで提供されている日替わりスープのコーナーがあります。

味噌汁

この日のスープは味噌汁でした。ちょっと甘めでしたが出汁の味をしっかりと感じ、コクがあっておいしいです。
豚角煮はやわらかくて肉の旨みが凝縮!
豚の角煮丼

しばらくすると、料理が運ばれてきます。豚角煮がツヤツヤで、とってもおいしそう!

豚の角煮丼

豚角煮は箸でサクッと切れるほどやわらかいです。さっそくひとくちいただいてみると、脂身の部分はトロッととろけるようなやわらかさ、赤身の部分は身がつまっていて噛むたびに肉の旨味が広がります。

お肉は醤油ベースで八角の味を感じなかったので、日本人にはなじみやすい味ではないでしょうか。角煮というと、こってりしたイメージがありますが、脂身と赤身のバランスがよいからか、しつこさは感じず、最後までおいしくいただくことができました。

お肉だけでなく、いろいろな野菜ものせられているので、この丼ひとつとスープで十分満足感があります。

「霸焢肉」は豚角煮をはじめ、メインにお肉をガッツリいただきたいという時におすすめ。MRT中山駅周辺という便利な立地にありながら、リーズナブルな価格設定なのも利用しやすいポイントです。
霸焢肉
住所:台北市中山區中山北路一段140巷18號

[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission.

[tabizine_related ids="425433,424738,427936"]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング