人生は一冊の絵本!物語の主人公のように生きるための7つのヒント

TABIZINE / 2015年9月4日 18時0分

tabizine.jp

人それぞれ見た目や性格が違うように、人の人生も地球に住む人の数だけそれぞれ違います。まさに人生は「十人十色」。そう考えると、私たち一人一人は長い人生を通して、まるで一つの「物語」を作る作業をしていると言っても過言ではないのかもしれません。

あなたが生涯かけて作る絵本の物語は、いつか誰かが読んでも楽しめるような内容になっていますか? 実は波乱万丈な物語ほど、誰かがそれを読んだ時に、とっても心に残る名作になっているのかもしれませんね。

そこで今回は、そんな物語の主人公として自分だけの人生を生きていくための7つのヒントをご紹介したいと思います!
考えるだけ時間の無駄。恐怖は忘れてしまおう
人生は一冊の絵本!物語の主人公のように生きるための7つのヒント

物語の主人公はどんな時でも前進していきます。いちいち恐怖を感じて立ち止まっていません。考えれば考えるほどいくらでも不安なことを考えることができます。でも実際はそんなことはほとんど起こりません。考えるだけ時間の無駄だと思って恐怖を忘れて突き進んでいきましょう。

ずっと無視してない?うちにある心の声に従ってみて
人生は一冊の絵本!物語の主人公のように生きるための7つのヒント

物語の主人公は何か叶えたい夢があってそれに突き進んでいきますよね。それは自分の心からの欲求に素直に従っているからです。大人になると、だんだんと無視してしまう心からの声に、もう一度向き合ってみてはいかがでしょうか。
とにかく外に出てみよう
人生は一冊の絵本!物語の主人公のように生きるための7つのヒント

物語のスタートはいつだって外から始まるもの。ずっと部屋にこもっていても何も始まらないので、思い切ってどこでもいいので外に飛び出してみましょう。そうするとまさに、漫画のような運命の出会いがあなたを待っているかもしれません。

常に何かにチャレンジしてみよう
人生は一冊の絵本!物語の主人公のように生きるための7つのヒント

人は今ある環境に慣れてしまうと、そこから何か新しいことを始めません。ですが、何も変化が起きなければ、あなたの物語も進むはずはありません。小さなことからでも良いので、少しずつ何かにチャレンジしていきましょう。
誰かの肩に乗らないで一人で歩けるように
人生は一冊の絵本!物語の主人公のように生きるための7つのヒント

あなたは誰かに依存して生きていませんか?

依存をし続けている限り、一生あなたは相手の行動に振り回されることになります。誰かに頼って生きることは、本当の意味で自分の人生を生きることではありません。自分の足で歩けるように、今日から自立した生き方を目指してみてください。

人と違うことが良いと理解しよう
人生は一冊の絵本!物語の主人公のように生きるための7つのヒント

人生という絵本が面白いのはそれぞれ物語が違うから。

なのに、人と違うことに恥ずかしいと思っていたら、いつまでも誰かと同じようなストーリーになってしまいます。人それぞれ違うのですから、自信を持って人と違うことをしましょう。それが結果として最高にエキサイティングな物語を作り上げるのです。
勇気を持って旅に出よう
人生は一冊の絵本!物語の主人公のように生きるための7つのヒント

あなたが興味を持った場所には実際に行ってみましょう。

読んで知っているものより、実際に見たものの方があなたのこれからに大きく影響することは間違いありません。物語に旅はつきもの。旅先で出会った新しい仲間や環境が主人公を大きく変えてくれるのです。


いかがでしたでしょうか。
ぜひあなただけしか作ることができない、心に突き刺さるような物語を完成させてくださいね。


[All Photo by Shutterstock.com]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング