今が見頃!紅葉の中に空から飛び込むような「絶景ロープウェイ」

TABIZINE / 2015年10月4日 13時0分

tabizine.jp

富山県東部の中部山岳国立公園内にある立山や黒部。圧倒的な大自然が魅力的の同地ですが、その中でも最も美しい紅葉スポットはどこなのでしょうか?

北アルプスの紅葉を空から満喫!高低差488mの絶景ロープウエー
(C) 立山黒部観光

そこで今回は富山県観光の公式サイト「とやま観光ナビ」を参考に、立山黒部で一度は訪れておきたい紅葉の絶景スポットを紹介します。

大観峰⇒黒部平は空から紅葉の中へ飛び込んでいくダイナミックな展望が楽しめる
北アルプスの紅葉を空から満喫!高低差488mの絶景ロープウエー
(C) 立山黒部観光

富山県側から長野県側に抜ける山岳観光ルートに、立山黒部アルペンルートがあります。その途中には弥陀ヶ原や立山登山の室堂(むろどう)、黒部ダムなど見どころが満載なのですが、大観峰(だいかんぼう)駅から黒部平駅を結ぶロープウェイからの紅葉も絶景です。

標高2,216mの大観峰駅から標高1,828mの黒部平駅へと標高差488mを移動する間、眼下にはタンボ平の紅葉が広がります。遠景に黒部湖を見ながら下降するルートでは、紅葉の中に体一つで飛び込んでいく迫力があります。

黒部平駅に到着後にも立山連峰と後立山(うしろたてやま)連峰の紅葉が一望できますので、併せて楽しんでみてください。

富山駅からの運賃は往復で大人1人11,890円
北アルプスの紅葉を空から満喫!高低差488mの絶景ロープウエー
(C) 坂本正敬

富山県側から立山黒部アルペンルートに入る場合、北陸新幹線などで富山駅を目指し、富山駅からは電鉄富山駅で富山地方鉄道に乗り換えて立山駅へと向かってください。その後は、美女平駅⇒室堂駅⇒大観峰駅へとさまざまな交通手段を乗り継ぎ、大観峰からロープウエーで黒部平駅へと向かいます。

運賃は電鉄富山駅⇔黒部平駅(往復)で大人1人11,890円です。プラス1,300円出せば黒部ダムまで行けます。

黒部平は標高が高く見ごろも10月中旬までと早め。まさに今紅葉の時期が始まっていますよ!


[立山黒部アルペンルート - とやま観光ナビ]

TABIZINE ~人生に旅心を~

トピックスRSS

ランキング