【行き方ルポ】絶景「プレーケストーレン」はたどり着くまで死ぬほどキツイ

TABIZINE / 2016年9月19日 18時0分

tabizine.jp

実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」

「死ぬまでに行きたい世界の絶景」にたびたび紹介される、断崖絶壁プレーケストーレン。水面から約600mの巨大な岩から眺める景色は圧巻で、ノルウェー屈指の人気スポットでもあります。

しかし実はこの絶景にたどり着くには数々の試練が待っていて、相当な体力も必要。今回は筆者が体験した、絶景までの苦しかった山道をご紹介したいと思います。
絶景までの数々の試練
実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」

プレーケストーレンの玄関口となる街、スタヴァンゲルからフェリーやバスを乗り継いで登山口に到着。最初の山道は平らで「意外と余裕だな」と思ったのですが、これが全くの誤算でした・・・。

実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」

少し進むと坂は急になってきて、岩がゴロゴロとした険しい斜面に。日頃運動不足の筆者は、全神経を集中させるほどこの岩道と格闘しました。

実はたどり着くまで死ぬほどキツイ、ノルウェーの絶景「プレーケストーレン」

ぬかるんだ泥道も。足元が滑りやすくかなりヒヤヒヤ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング